• TOP
  • ビジネス
  • 若者のゲーセン離れ 業界がシニア層に目をつけ優遇策を展開

ビジネス

2015.09.04 16:00  週刊ポスト

若者のゲーセン離れ 業界がシニア層に目をつけ優遇策を展開

 かつて若者の溜まり場だったゲームセンターだが、いまやシニア世代の社交場と化している。ゲームセンターのメダルゲーム機やパチンコ、スロットマシンコーナーには、シニア世代が殺到しているのだ。

 ゲームセンターにシニア層が増えた一因には、店側の営業努力もある。各店があの手この手のサービスを打ち出しているのだ。背景にはゲームセンター業界の苦境がある。2013年度、ゲームセンターの売り上げは約4564億円と5年前から約2割減。店舗数も同様に3割弱減らし約1万6000店へと右肩下がりとなっている(日本生産性本部調べ)。

 原因は家庭用ゲーム機の進化やスマホの普及が挙げられる。ゲームセンターの強みであった「知らない誰かと対戦する」という楽しみは、家庭でオンラインゲームができるようになったことで魅力を失い、さらにスマホの無料ゲームの普及は日本人のゲームへの考え方を変え、長らくゲームセンターの売り上げを支えてきた10~30代の独身男性が離れていった。

「客数の減少を、客単価の増加、つまり値上げで補うのも難しい。ゲーム機には100円玉しか入りませんから、簡単に1回130円などにはできません。ならば1回200円にするかといえばそういうわけにもいかない。ゲーム=100円のイメージが強く、高いという印象を与えてさらにお客さんがいなくなります。正直いって経営は苦しい」(大阪のゲームセンター経営者)

 この状況下で目をつけたのが、「年配のお客様」だった。

「シニアをターゲットに、さまざまなサービスを打ち出す店舗が出てきています。その甲斐あって、正確な統計はありませんが、シニア層の利用は確かに増えていますね。余暇もお金もある団塊の世代が定年を迎え、そのひとつの使い途としてゲームセンターを選んでくれたのでしょう」(日本アミューズメントマシン協会・片岡敏行氏)

関連記事

トピックス