ビジネス

年収ランク1位キーエンス社員 夏はクルーザーで水着パーティ

 企業の栄枯盛衰を知るために重要な“指標”のひとつが、社員の給料だ。以下は最新の上場企業年収ランキングTOP5である。

1位:キーエンス
2位:野村ホールディングス
3位:朝日放送
4位:東京放送ホールディングス
5位:日本テレビホールディングス

 上位にランクインするような企業の高給サラリーマンはその給料をどう使っているのか。年収トップ(平均1648万円)のキーエンスは、従業員の平均年齢が35.6歳と、若い企業ゆえの「イケイケ感」が漂う。

「同期との合コンでは高級レストランを貸切にするのは当たり前。夏は葉山でクルーザーを借り切って、全員が水着参加の納涼パーティを満喫した」(30代社員)

 中高年はやはり「モノ」と「旅行」を求める。親会社が34位にランクインした三菱東京UFJ銀行・40代課長の年収は1650万円だといい、その給料はトヨタの高級SUV「レクサスRX」に化けた。

「前のハリアーを下取りに出したので購入費用は約300万円。夏休みはこの車で軽井沢へ旅行しました」

 商社マンには「役得」もある。海外勤務で手当がついた40代の大手商社マンはウハウハだ。

「エジプト赴任で本給とは別に月々30万円の『危険手当』がついた。都内の自宅マンションは賃貸にして家賃収入もある。現地ではやることがないので、ゴルフでシングル級の腕前になってしまった(笑い)」

 一方で高給取りとはいえ、厳しい現実に直面しているサラリーマンも多い。

「給料は悪くないが、打ち合わせや飲み会後の深夜タクシー代が出なくなった。夜の交遊も仕事のうちなので減らすわけにはいかず、切れない領収書が家庭を持つ身には結構こたえる」(30代の大手広告代理店社員)

「老後破産」が話題になるなど先行き不透明な時代ゆえ、自衛に走る人もいる。

「自宅のローン返済と2人の子供の教育費などの必要経費以外は老後に備えてきっちり貯金に回します」(51歳・メーカー勤務)

●データ協力/東京商工リサーチ

※週刊ポスト2015年10月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン