国内

生理食塩水注射1本で肩こり解消 『ためしてガッテン』に反響

 9月9日放送のNHK『ためしてガッテン』が反響を呼んでいる。テーマは、「肩こり治療の最前線」。番組内で紹介されたのは、群馬県前橋市のあるクリニック。

 同院の院長は、まず肩こりに悩む男性患者をベッドにうつ伏せに寝かせ、首筋から肩にかけてエコー(超音波装置)を当てる。エコー画像には筋線維が映し出されるが、中でも肩の辺りに青白く光った筋が確認できた。

「この部分が、悪いところになります」

 そう話す院長がおもむろに用意したのは、一本の注射器。中に入っている液体は、10ccほどの生理食塩水だった。

「じゃ、ここに入れますよ」

 そんなひと言で、プスっと患部に注射すると…。

「あれ、全然違う! 腕がもう回るようになった!」

 患者は仰天し、目を丸くするばかり。

 そして、再びエコーを当てると、先ほど青白く光っていた筋は消えていた。番組は大反響で、NHKのホームページ『週刊みなさまの声』には2000件超の書き込みが殺到。再放送希望の声も多数届いているという。

 国内の患者数が約1200万人ともいわれる“国民病”の肩こりだが、なぜ生理食塩水を注射するだけで症状が劇的に改善されたのか。

 その秘密は、エコー画像に映っていた「青白く光る筋」にあった。これは「筋膜」と呼ばれる組織で、肩こり治療の最大のキーポイントとなるものだ。番組にも登場した首都大学東京健康福祉学部の理学療法士・竹井仁教授が解説する。

「いくつもの筋の上をボディースーツのように覆い、ひとつの筋肉自体も覆い、筋内部の筋線維も覆い、さらに内臓も覆っているのが筋膜です。そして、最新の研究で、この筋膜にこそ肩こりの原因があることがわかってきたんです」

 そもそも肩こりとは、机に座ってパソコンと向き合い続けるなど、筋肉が収縮した状態が続き、血流が悪くなって筋肉が固まってしまった状態のこと。

 肩こりを根治する治療法は少なく、これまでは固まった筋肉をマッサージや指圧で揉みほぐしたり、叩いたりすることが一般的だった。

 ところが最新の研究では、揉みほぐしても叩いても、肩こりは治らないどころか、かえって完治を妨げていることが判明したのだという。

 もともと筋膜はどの部分でも同じ厚みなのだが、繰り返し揉むなどすると、特定の部分に“しわ”のように寄り集まって癒着してしまう。

「筋膜というのは、使いすぎたり、間違った使い方をすると、筋肉を覆う筋外膜の特定の部分に“コラーゲン線維とエラスチン線維が寄り集まって(高密度化)”しまい動きが硬くなってしまうんです。

 その高密度化した部分は水分が失われて粘り気を増し、ますますほぐれにくくなる。この高密度化が、筋自体を硬くして多くの肩こりの原因になっているのです」(竹井教授)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン