芸能

竹内力が演歌デビューの裏側を告白 親友、最愛の父の死も

親友、そして父の死についても語った竹内力

 コワモテのルックスで「Vシネマの帝王」とも呼ばれる個性派俳優・竹内力(51才)。演歌に初挑戦し、『桜のように』を9月にリリースした。自ら作詞を手掛けており、他界した親友への思いを込めたという。また、曲が誕生した直後、最愛の父を失っていた。制作のカゲにあった知られざる秘話を竹内が独白――。

 * * *
 この前、NHKの歌番組に初めて出たんだけど、『桜のように』を歌うと、やっぱりアンドレ(俳優・安藤麗二さん・享年45)を思い出す。目の前に出て来るよね、どうしても。それで声が振るえた。嬉しくて、泣きそうになっていた。

 幽霊とかじゃないんだよね。俺の中の幻影というか。彼にいてほしいという気持ちが詞に入ってるから、歌っていると目の前に出てくるんだろうね、あいつが。

 親友のアンドレが亡くなったのは約5年前のことだった。肺がんだった。それから年齢的にも、死というものを考えるようになったんです。

 今年の正月に、初めて高校の同窓会に出たんですよ。そういう場って、何組の誰々が死んだという話になるんだよね。結構、死んでるんだよ、俺らの年になると。どんどん死が近くなっているなと思って。

 誰々が亡くなったと言って、10分くらいはその話をしているんだけど、30分もすると死んだ人の話よりも、あの頃はこうだったって思い出話になっちゃう。人ってこういうものなのか、クールだなというか、淋しいなという気持ちもあった。2次会でカラオケに行ったんだけど、みんな普段歌っているような曲を歌うんだよ。それにもちょっと違和感があって。

 卒業式なら『贈る言葉』、結婚式なら『乾杯』とか、何となく定番曲があるでしょ。でも葬式とかで人を悼む曲ってそんなにないじゃないですか。あってもいいと思ったんだよ。

 そんな思いもあって、アンドレに捧げた詞を書いていたんです。機会があって、山本譲二さんにその詞を見せて、「演歌をやりたいんです」と言ったんですよ。俺は年代的にも演歌で育ってきて、いつか歌いたいという気持ちがあったんです。

 すると山本さんが、「やろう! 俺はプロデューサーをやろうかな。曲は俺の親友の吉(幾三)に書いてもらおう」って、とんとん拍子に進んだんですよ。吉さんも快諾してくれて。昨年末に、寿司屋で決まりました(笑い)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト