安楽死一覧

【安楽死】に関するニュースを集めたページです。

各界の著名人は自身の最期をどう考える(写真は作家の呉智英氏)
呉智英氏、高田明氏、釜本邦茂氏が語る「理想の死」と「避けたい最期」
【NEWSポストセブンプレミアム記事】 自らの死、身近な人の死に深くかかわることだからこそ、安楽死、尊厳死には賛否がある。近年は「自らの死に方を自由に決める」ということを権利と捉える…
2021.06.08 11:00
週刊ポスト
泉ピン子さんは橋田壽賀子さんを「ママ」と慕っていた(映画『おしん』製作発表にて/時事通信フォト)
泉ピン子が語る橋田壽賀子さんの最期 私が「管を抜いて」と言った
 自分の死に時くらい、自由に決めたい──長生きが必ずしも“幸せ”ではなくなってきたからこそ、「安楽死」や「尊厳死」が注目されている。苦しみながら生きるくらいなら、穏やかな死を選びたい…
2021.06.07 19:00
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 五輪会議「仰天議事録」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 五輪会議「仰天議事録」公開ほか
 6月7日発売の「週刊ポスト」は、グラビアオールカラー&大増ページの合併・特大号。スクープ満載、必見の美女グラビア満載です。 グラビアでは1980年代アイドルがカラーで復刻、さらに迫りく…
2021.06.07 07:00
NEWSポストセブン
高田明氏「自分の命を表現できるような死に方って偉い」
高田明氏「自分の命を表現できるような死に方って偉い」
 新型コロナは多くの人に「医療と死」を考えるきっかけを与えた。日本を含む先進諸国では、人はどのような医療を受けるか、あるいは受けないかを自分で決めることができる。しかし、感染症だ…
2021.06.05 07:00
NEWSポストセブン
書き続けた
橋田壽賀子さん 生涯現役を支えた「衰えへの恐怖」と「好奇心」
 4月4日に静岡県熱海市の自宅で亡くなった脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)は、「自分のことは自分で」の精神を最期まで貫いた。健康を保つために、83才からパーソナルジムに通い、1回1時間…
2021.04.19 16:00
女性セブン
「大衆に受け入れられてこそ価値のある作品」がモットーだった
自分で決めた大往生 橋田壽賀子さんが最後に書いた「理想の結末」
「私が死んでも悲しまなくてもいいのよ。千の風になってあなたの周りにいるから」──。生前、その豪邸の家主は、近しい人にそう語っていた。海抜400m地点にある自宅の前には紺碧の海が広がり、…
2021.04.08 11:00
女性セブン
大学病院がコロナ重症者受け入れに消極的では、軽症者等の受け入れまで逼迫するが…(イメージ)
安楽死の法制化論争 「死ぬ権利」は認められるべきなのか
 日本でも安楽死法制化の議論がたびたび取り上げられるようになった。この問題について漫画家の弘兼憲史氏はこう指摘する。「我々団塊世代は2025年には後期高齢者となります。『長寿国』とい…
2021.01.14 16:00
週刊ポスト
弘兼氏も島耕作もまだまだ現役だが(時事)
母を亡くした弘兼憲史「僕は安楽死で気持ちよく死にたい」
 漫画家の弘兼憲史氏(73)は、代表作『課長島耕作』で自分と同年齢の団塊世代サラリーマンを主人公に、男の出世や恋愛模様を描いてきた。現在、70代となった島耕作は相談役として活躍中だが…
2021.01.10 07:00
NEWSポストセブン
諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師
鎌田實医師 もし自分がALS嘱託殺人被害女性の主治医なら…
 2020年7月、東京都と仙台市の医師2人が嘱託殺人罪で逮捕された。彼らに問われたのは、2019年11月、京都市に住む筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性から依頼され、薬物を投与して殺害した嘱託殺…
2020.09.24 07:00
週刊ポスト
「若者に譲る」という決断ができるか(Avalon/時事)
若者に医療を譲る意志カードが話題 今こそトリアージの議論を
 大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授で現役医師(循環器科専門医)の石蔵文信氏(64)が高齢者向けに作成した「集中治療を譲る意志カード(譲カード)」が話題を呼んでいる。表…
2020.05.20 16:00
週刊ポスト
「若者に譲る」という決断ができるか(Avalon/時事)
集中医療を譲る意志カードの難題 同調圧力生まれる懸念も
 大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授で現役医師(循環器科専門医)の石蔵文信氏(64)が高齢者向けに作成した「集中治療を譲る意志カード(譲〈ゆずる〉カード)」が話題を呼ん…
2020.05.17 07:00
週刊ポスト
田原総一朗氏「奔放な老人が激増したら世の中が変わる」
田原総一朗氏「奔放な老人が激増したら世の中が変わる」
 代名詞ともいえる『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)を始め数々の報道番組では時の総理大臣から各界の論客まで舌鋒鋭く切り込んできた田原総一朗氏。御年85歳のジャーナリストが次なる取…
2019.08.05 16:00
週刊ポスト
ヤフー×本屋大賞「2019年ノンフィクション本大賞」、ノミネート作6作品が発表
ヤフー×本屋大賞「2019年ノンフィクション本大賞」、ノミネート作6作品が発表
 ヤフー株式会社が運営する日本最大級のインターネットニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」と、全国の書店員がお客さんに勧めたい本を投票して大賞を決定する「本屋大賞」がタッグを組ん…
2019.08.01 14:15
BOOK STAND
小島さんと、取材する宮下氏
安楽死を遂げた女性「この考えを押しつけたいとは思わない」
 2018年11月28日、多系統萎縮症という神経の難病を患っていた小島ミナさんが、安楽死を遂げた。51才だった。正確には「自殺ほう助」と呼ぶ。劇薬の入った点滴のストッパーを、医師や家族に見…
2019.06.17 07:00
女性セブン
小島さんと、取材する宮下氏
4回の自殺未遂の末にたどりついた「海外での安楽死」
「寝たきりになる前に安楽死で自分の人生を閉じることを願います」──本誌・女性セブンの取材に対してそう話し、準備を進めていたひとりの日本人女性が生涯を閉じた。希望通り、唯一外国人の安…
2019.06.15 07:00
女性セブン

トピックス