• TOP
  • 国内
  • むくみに隠れる下肢静脈瘤 日本人の潜在患者1000万人超

国内

2016.01.26 16:00  女性セブン

むくみに隠れる下肢静脈瘤 日本人の潜在患者1000万人超

 むくみには様々な病気が隠れている。脚がむくむだけではなく、だるい、よくつる、ふくらはぎやひざの裏に毛細血管が蜘蛛の巣状に浮き出る――。そんな症状のある人は、下肢静脈瘤の可能性が。日本人の潜在患者数は1000万人以上!

「下肢静脈瘤は40代以上の女性に多く、痛みがないため気づかない人が多い。しかし、進行すると皮膚潰瘍などを起こすことも」(東京血管外科クリニック非常勤医師、榊原直樹さん)

 下肢静脈瘤とは一体どんな病気なのか。

「脚の静脈には心臓に血液を戻すための“逆流防止弁”がついています。しかし、妊娠や出産などで一時的に静脈を過度に圧迫すると、この弁が破壊され、血液が逆流。逆流した血液が脚の下の方にたまるので、血管が拡張し、こぶのようなものができます。これが下肢静脈瘤です」

 むくみがひどいなど、心当たりがあるなら専門病院で検査を。

※女性セブン2016年2月4日号

関連記事

トピックス