• TOP
  • 国内
  • クローンiPhone リアルタイムで24時間LINE監視も

国内

2016.01.28 16:00  女性セブン

クローンiPhone リアルタイムで24時間LINE監視も

 流出したLINEのやり取りを週刊文春に公表されたベッキー(31才)とゲスの極み乙女。の川谷絵音(27才)。流出経路として有力視されているのが「クローンiPhone」だ。通常、iPhoneに含まれるアプリや写真、音楽などのデータは、紛失時のために、パソコンにつないで「iTunes」でバックアップ(複製)を作成する。

 機種変更をする場合は新しい端末をパソコンのiTunesに接続し、それまで使用していた旧端末のバックアップデータを取り込む。データを移し替えた後でも、旧端末をそのまま自宅などに放置している人は多い。ここに落し穴があると解説するのはITジャーナリストの三上洋氏だ。

「iPhoneの場合、データを新端末に移し替えた後、旧端末をパソコンのiTunesに接続すれば、新端末と旧端末が“同期”して、2台でまったく同じデータを見ることができるんです。これは通常の機種変更で誰でも行う作業です」

 同期とは、簡単にいえば同じデータを共有すること。機種変更のケースでは、旧端末と新端末のデータがパソコンのiTunesで同期することにより、新旧両端末で同じデータを見ることができる。

「LINEも同様です。少し専門的な話になりますが、まず現在使っているiPhoneをパソコンのiTunesに接続する。この時、『暗号化してバックアップ』という方法でバックアップを作成し、その後、機種変更前の古い端末をiTunesに接続して同期します。

 すると、LINEのやりとりも2台のiPhoneで共有されてしまうんです。新端末の持ち主がどこで誰とLINEをしようとも、旧端末から24時間リアルタイムで“監視”することができます。今回の流出劇も、この手口で行われたものだと推測されます」(前出・三上さん)

関連記事

トピックス