• TOP
  • ライフ
  • 文字変換、検索、カーナビ 男の不倫は「履歴」でバレる

ライフ

2016.02.18 16:00  週刊ポスト

文字変換、検索、カーナビ 男の不倫は「履歴」でバレる

 不倫関係は男女間で交わされるが、不倫がバレないよう万全を期す妻たちに対し、夫たちはあまりにノーガード。不倫関係が発覚し、修羅場へと発展させてしまうのは、大抵は男のほうだ。何がきっかけで不倫はバレてしまうのか。浮気調査を専門とする探偵が最新の調査情報を明かす。

◆ネット検索履歴は不倫の証拠で溢れている

 近年圧倒的に多いのは、“履歴”による不倫バレ。中でもネット検索履歴は探偵にとって宝の山だという。

「何気なくスマホやパソコンでインターネット検索した履歴が全て探偵に把握されていたらどうしますか? 不倫相手とのデートのために検索したレストラン、温泉宿、ラブホテル、出会い系サイトなんて検索していたら一発でアウト。そうでなくても、車や電車の交通ルート、女性物のショッピングサイトの履歴などから、足が付くケースもある」(浮気調査を専門に手がける探偵、以下同)

 履歴はネット検索だけではない。

◆クレジットカード、カーナビの履歴も怖い

「カーナビの行き先履歴が、ラブホテルだったというワキが甘すぎる人もいましたが、レストランや観光地でも怪しまれる。その時の支払いがクレジットカードだと、その明細と照らし合わされて“1人でこんなに使うのはおかしい”と問い詰められます。ネット検索やカーナビの行き先履歴は削除し、不倫相手とのデートは現金払いが鉄則です」

 車を使う場合、助手席のシート角度やゴミなど“車内履歴”もバレるポイントになるという。

◆スマホの予測変換機能が甘い履歴を残す

 不倫相手との連絡方法にLINEやメールを使っている場合、注意が必要だ。

「一文字入力すれば直近で使用した言葉が自動的に表示されるスマホの“予測変換機能”はクセモノです。例えば、“あ”と入力したら“愛してる”“す”で“好き”など、普段、妻に使わない言葉が表示され、それを見つけた妻が問い詰めるというケースも。

 予測変換をつなぎ合わせたら、“◯◯ちゃんの・いやらしい・写真を・送って・ほしいな”なんて、言い訳のしようがない内容が表示された悲惨な人もいました」

 機種によって手順は様々だが、予測変換はリセットできるので、ラブメッセージの後には必ず消すようにしたい。

◆履歴は消しすぎでもかえって危険

 証拠隠滅の思いが強すぎて、何も残さないのは不自然だ。

「インターネット検索、カーナビなどの履歴がすべて消えていたら、“なぜ消す必要があるのか?”と疑われてしまいます。知られたら都合の悪い履歴だけを削除し、ある程度は残しておくことです」

※週刊ポスト2016年2月26日号

関連記事

トピックス