• TOP
  • 芸能
  • 丸山智己 「40代は自分を解放して懐の深い大人の男目指す」

芸能

2016.02.29 16:00  女性セブン

丸山智己 「40代は自分を解放して懐の深い大人の男目指す」

俳優・丸山智己は“渋メン”として人気

 今、渋いメンズ=「渋メン」に恋する女性が増えている。スーツ姿がスタイリッシュな俳優・丸山智己(40才)もそのひとり。

「人より成長が10年ほど遅いタイプなので、大人の象徴のスーツは20代のモデル時代には、遠く感じていました。役者への転身も遅く、苦悩の30代を経て、ようやく今の自分と向き合えるようになった。いいわけせずにまっすぐ生きる役者の先輩がたは格好いい。ぼくも40代は自分を解放して、余裕ある懐の深い大人の男を目指したいです」(丸山・以下「」内同)

 4月5日にスタートする竹野内豊(45才)主演ドラマ『素敵な選TAXIスペシャル(仮)』(フジテレビ系21時~)には熱血教師・小野寺役で出演。

「熱血な役は40代の新境地。いつもの“200%増し”でハジけています」。

【プロフィール】
1975年3月27日生まれ。長野県出身、身長185cm。2005年、『NANA』で映画デビュー。現在、『いつかティファニーで朝食を』(日本テレビ系)に出演中。

撮影■田中智久

※女性セブン2016年3月10日号

関連記事

トピックス