芸能

難病・もやもや病で緊急手術の徳永英明 4月に活動再開予定

緊急手術を行なった徳永英明(公式HPより)

〈2月上旬体調不良を訴え、医師の診察の結果、もやもや病との診断があり、担当医師により手術ならびに療養が必要との診断を受けました。手術に関しては、もやもや病による脳梗塞発症予防の為、2016年2月22日に左複合バイパス手術を行い、無事成功致しました〉

 3月3日、歌手・徳永英明(55)が手術を受けていたことを発表した。これは本誌が徳永の所属レコード会社に「入院」について問い合わせたわずか数時間後のことだった。

“無事成功”は何よりだったが、この間、徳永の関係者たちはずっと青ざめていたという。レコード会社関係者が声を潜める。

「2月上旬に自宅で突然倒れて、救急車で運ばれたという情報でした。病状はかなり深刻で入院が長引いていると耳にしました。

 徳永さんは今年1月にデビュー30周年を迎え、4月にはベストアルバムの発売、夏からは半年間のツアーが予定されています。しかし、復帰のメドが立たず、事務所やレコード会社は途方に暮れていました」

 2月19日に行なわれたフジテレビ『MUSIC FAIR』2600回記念コンサートを「体調不良」を理由に出演を取りやめたことも様々な憶測を呼んだ。

 徳永は2001年5月に「もやもや病」と診断され1年8か月にわたる療養生活を余儀なくされている。菅原脳神経外科クリニック菅原道仁院長が説明する。

「もやもや病とは厚労省が指定する原因不明の特定疾患(難病)のひとつで根本的な治療方法はありません。

 脳に酸素と栄養を送る太い動脈(内頸動脈)が詰まり、不足した血液を補うために細い血管が発達する。この微細な血管をレントゲンで撮影するともやもやっとしたタバコの煙のように写るので、もやもや病と名付けられた。

 歌を歌ったり、ラーメンをフーフーしながら食べたりすると、呂律が回らなくなり虚脱状態になったりする。最悪の場合、この細い血管が破れて脳出血を引き起こし、死に至るケースもあります」

 この“不治の病”について、かつて徳永はこんなことを語っていた。

「病気とはこれからもうまく付き合っていきますよ」

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン