• TOP
  • 芸能
  • 小悪魔ブームの火付け役・蝶々 自身の妊娠出産と子育て語る

芸能

2016.03.14 11:00  女性セブン

小悪魔ブームの火付け役・蝶々 自身の妊娠出産と子育て語る

41才での高齢出産を語る蝶々さん

「妊娠出産を経験して、顔と子宮がつながっていることを実感しました」

 いきなり、こんなドッキリな告白をする蝶々さん。41才で妊娠&出産した経験を『蝶々、ママになる。』に綴った。元銀座のクラブのホステスで、作家という華麗な肩書を持つ彼女。2008年に発売した著書『小悪魔な女になる方法』は50万部を売り、小悪魔ブームの火つけ役となった。

 だが、外見だけの小悪魔ではなく“男ゴコロのそそる女になる”法や、“自称モテないさん”へのアドバイスなど、独特の言葉遣いで、女性たちが明るく自分らしく生きていけるようメッセージを送り続けてきた。

 そして今、41才での高齢出産の経験を、率直に語る。

「ほら、くしゃみをしたら、おしっこが漏れたりする経験って、女性なら誰でもあるじゃないですか。それと同じで、顔と子宮は近くにはないけど、赤ちゃんがいた子宮まわりの筋が伸びると同時に、顔も伸びて、たるんだような気がするんです、私」(蝶々さん・以下「」内同)

 顔が伸びたとか、たるんだという落ち込みそうな現実を、あっけらかんとした明るさで受け止める。

「出産から1年4か月経った今、体形の8割は戻ったけれど、2割は戻りませんね。体重は妊娠前と変わらないのに、このぶよぶよ感は何?って感じ。でも、これを抱えて生きていくんだって思うんですよ。それが自然だし、人間らしくていいんじゃないかって。

 20代で出産していたら、“ウエストびよ~ん”は嫌だったかもしれないけど、もう40代ですものね」

◆入籍はとりあえず保留です

 蝶々さんは現在に至るまで未婚のままだ。気になる父親について聞いてみると、「彼も喜んでかわいがっていますよ」と微笑み、少し照れた感じでこんな話をしてくれた。

「彼はちゃんと働いているサラリーマンで、不倫でもないですからいつでも入籍できるんです(笑い)。彼も入籍を望んでくれていますし。私も時々、“私、シングルマザーじゃん”って思うこともあります。これから赤ちゃんが社会で生きていくためには、入籍したほうがいいんじゃないかとも思ったんですが、念のために赤ちゃんに聞いてみたら、しなくていいって…。

“小さな家族でまとまるのではなくて、大きな地球家族として考えればいいんだから、今、入籍は必要ない”ってお腹からはっきり聞こえてきたので、今は、入籍は保留にしています」

関連記事

トピックス