• TOP
  • ビジネス
  • レジャーホテルが激変 女子会、ファミリー、民泊の受け皿も

ビジネス

2016.03.21 07:00  NEWSポストセブン

レジャーホテルが激変 女子会、ファミリー、民泊の受け皿も

リビング&2ベッドルームの部屋も(ホテル ララ ツカサ/福岡)

 訪日外国人客が激増している。2016年に入っても勢いは止まらない。1月だけを見ても前年同月比52.0%増の185万2000人と、単月では2015年7月に次ぐ最高記録となった。訪日外国人客の増加が要因とされるホテル不足問題、今後もさらに拍車がかかることだろう。

 そんなホテル不足問題の受け皿として注目されているのが“レジャーホテル”、いわゆるラブホテルだ。ホテル評論家の瀧澤信秋氏がレジャーホテルの可能性についてレポートする。

 * * *
 2016年2月10日、一般社団法人日本レジャーホテル協会の2016年新春賀詞交歓会でのこと。会の冒頭、ステージへ立った清水祐侍会長の挨拶は熱かった。

「レジャーホテルに対する条例の規制緩和とともに、問題の多い『民泊』がなし崩し的に規制緩和されているが、レジャーホテルは充分ホテル不足問題の受け皿になれる!」と訴えた。

 一般の宿泊施設同様、レジャーホテルも旅館業の許可が前提であるが、客室を選ぶタッチパネルや自動精算機といった設備を採用する「4号営業」といわれる施設と、スタッフを配したオープンフロントなどを採用する「新法営業」といわれる施設に大きく分かれる。

 業界誌「季刊レジャーホテル(綜合ユニコム)」の金江広編集長によると、レジャーホテルの件数は4号営業が約6000軒、その他も含めると約8000軒で、4号・新法の入れ替わりなどあるものの、ここ数年の総数は横ばいとのこと。

 利用形態は「宿泊」と「デイユース(休憩)」に分かれるが、デイユースはまだしも宿泊の稼働率は低調。レジャーホテルの十八番だったカップルユースやデイユースのニーズを、近年、シティホテルやビジネスホテルが積極的に取り込み出し、レジャーホテルの経営に影響を及ぼしてきた。

 一方、レジャーホテルもその豪華な設備を生かし、“女子会”など一般客もターゲットにする動きが出てきている。とある都心の人気レジャーホテルが女子会プランを打ち出したところ、カップルユースを上回る利用率を記録したというから驚く。

 福岡市で人気を博する「ホテル ララ ツカサ」に、リビングルームに加えベッドルームを2室設けた客室が誕生した。女子会やファミリーユースをターゲットにしているという。露天風呂や岩盤浴も併設、インテリアも淫靡・妖艶といったラブホテルのイメージは皆無。オシャレなリゾートホテルといった雰囲気だ。ホテル不足の受け皿という側面もあるが、この客室へ来ることが目的となるようなホテルを目指すという。

関連記事

トピックス