• TOP
  • ライフ
  • 日光当てずに育てる栽培法普及し野菜の栄養量が減少

ライフ

2016.03.30 16:00  女性セブン

日光当てずに育てる栽培法普及し野菜の栄養量が減少

「現代人の食生活は、外食が多かったりと、栄養バランスが偏っているのは知られています。でも、手作りの料理であっても、必要な栄養素が摂りづらくなっているんです。それは、食材に含まれる栄養量が激減しているから。だから、野菜を食べれば安心と思ったら大間違い。サプリをのまないと、充分な栄養は摂れないのです」

 とはサプリメント・マイスターの村上篤良さん(「」内、以下同)。例えば、ほうれん草のビタミンC量は1982年と2015年を比較すると約半分にまで減少している(文部科学省の『日本食品標準成分表(四訂)』<1982年改訂>と『日本食品標準成分表(七訂)』<2015年改訂>で比較)。

「植物の栄養素は、紫外線を浴びないと作られません。日光を当てずに育てる栽培法などが普及した結果、栄養量の少ない野菜が増えたのです」

 それでもできれば食材から摂りたいと思う人もいるかもしれない。しかし――。

「ビタミンCでいえば、美容やストレス対策には1日1000mg以上が望ましく、これはレモン約20個分に相当します。食材だけで摂るのは難しい。その点サプリなら、必要な栄養素を凝縮し、吸収しやすい状態にしてあるので効率よく栄養を摂れます」

 では、具体的にどのようなサプリメントを摂ればいいのだろうか。

【冷えむくみには血流を促進するギンコを】
「イチョウの葉のエキス・ギンコは、血流を促進してくれるので、冷えやむくみ対策におすすめ。しかも、1度摂ると持続時間が長い」。脳の血流がよくなれば頭もスッキリ。最近は難聴防止の研究も始まっている。

【骨粗鬆症にはカルシウム×ビタミンDを一緒に摂るのがおすすめ】
 閉経によって女性ホルモンが欠乏すると、骨の破壊と再生のバランスが崩れ、骨量が減少。尻もちをついただけで骨折なんてことも。閉経前から積極的にカルシウムを摂りたい。「ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるので、一緒に摂るのがおすすめ」。

【不眠には体内で作れないアミノ酸を補給して】
 睡眠ホルモンのメラトニンが減少すると不眠になりやすい。「メラトニンの材料は、神経伝達物質の1つセロトニン。さらにこの原料となるのがトリプトファンです。トリプトファンは必須アミノ酸で、肉に多く含まれますが、カロリーが気になる人はサプリで補って」。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

関連記事

トピックス