ライフ

緑内障治療に有効 5秒マッサージとウォーキング

緑内障治療に有効な「5秒マッサージ」とは?

 失明原因の第1位、緑内障の患者数が2005年の約54万人から2014年には106万人と、約10年で倍増した(厚労省『平成26年・患者調査』より)。視野が欠損し、重篤になると失明の恐れがある緑内障。どんな治療法があるのか? 日本眼科学会認定専門医で「回生眼科」院長の山口康三氏が解説する。

「一度、失った視野を取り戻すことは困難と考えられていますが、不可能ではない。目の中の血流量を増やすことで、酸素や栄養分を視神経に行き渡らせ、神経細胞の機能を回復させることはできます」

 眼球内の血液循環が悪いと血液はドロドロになり、毛細血管も劣化していく。栄養分を神経細胞に送り届ける能力が衰え、視神経の眼圧に対する“耐性”も弱まると考えられる。ならば、血流を増やせば改善されるというわけだ。

 山口氏によれば、目の血行を良くする最もカンタンで、即効性のある方法が「5秒マッサージ」だ。眼窩を構成する骨のふちを5秒程度指圧することで、毛細血管を圧迫。指を離すと圧力が弱まり、多くの血液が目の周りの血管に流れ込み、目の中の血液循環が促進されるという。

 マッサージの方法は、こうだ。眼球の周囲をなぞるように、上側は親指の腹で、下側は人差し指の腹で押す。痛みを感じない程度の強さで、5秒ほどかけて押し続けてパッと指を離す。これを3セット繰り返す。

 さらに効果的なのがウォーキングである。

「歩いたり、運動することで、視神経乳頭の血流が良くなり、眼圧が下がることがわかっています。心臓から頭部に送られる血液量は安静時には1分間に1.4リットルですが、歩くことでその10倍の血液が送られる。頭部への血流量が増えると当然、目の血流量も増加します。血液循環が良ければ、目の神経機能は正常に保たれる。理想は1日1万3000歩です」(同前)

 山口氏の指導で緑内障を改善させた患者の一人が松本公子さん(仮名・64歳)だ。3年前、緑内障と診断され、点眼薬やレーザー治療を受けたが症状は改善しなかった。当時、最高で左右の眼圧が30mmHg(正常値は10~21mmHg)を超えていたが、ウォーキングを軸とした運動を取り入れ生活習慣を改めたところ、2か月後に左右の眼圧が正常値内に収まったという。

「毎日歩き続けたことで、緑内障など目の病気が改善した患者さんは他にも多くいます。これまで約3000人の治療に当たってきた結果、体が健康になると目の病気も改善するという結論に辿り着きました」(同前)

※週刊ポスト2016年4月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン