• TOP
  • 国内
  • 不謹慎厨もそれを叩く人も「似たようなもの」との指摘

国内

2016.04.23 16:00  NEWSポストセブン

不謹慎厨もそれを叩く人も「似たようなもの」との指摘

不謹慎狩りと不謹慎狩り叩きと(写真:アフロ)

 熊本地震の発生以来、「不謹慎狩り」が横行したという。そしてまたその「不謹慎狩り」を批判する声も多い。だが待ってほしい、そのどちらも変ではないか? コラムニスト・オバタカズユキ氏が疑問を投げかける。

 * * *
 熊本地震が発生してからこっち、一つの熟語が日本のネット上を徘徊している。「不謹慎」という三文字熟語だ。

 それは熟語単体でのみならず、「不謹慎厨(ふきんしんちゅう)」や「不謹慎狩り」といった造語としても頻出する。そして大半の場合、そういう連中やそうした行為の増殖を憂慮、批判する文脈で使われている。

 ところが、じゃあ、実際の不謹慎厨はどんな奴なのか、不謹慎狩りはどうなされていたのか確認しようとすると、これが意外に見つからない。なんでもかんでも「不謹慎だ!」と決めつけて叩く馬鹿者は、けっこう探してようやく発見できましたという程度しかいない感じなのである。

 それより気になるのは、そういう馬鹿者を叩く者の多さのほうだ。

 たとえば、ヤフーで「不謹慎」のリアルタイム検索をかけてみると、「なんでもかんでも不謹慎ってうんざりだよね」「不謹慎を連呼する人って偽善者で最低だから」「すぐ自粛とか不謹慎とかどんだけ不自由なんだこの国の民は」といったSNSの書きこみが無数に出てくる。現物を見てそう思ったかどうかはさておき、今はとりあえず不謹慎厨や不謹慎狩りを叩いておくのが正解だよね、といった空気が支配的で、そこに私は引っ掛かりを覚える。

 もちろん、この「不謹慎厨叩き」ブームみたいな状況が、何もないところから勝手に生まれたわけではない。自分のブログやツイッターなどで、熊本地震の被災者のために寄付したことを明かしたり、被災地にエールを送ったり、地震発生直後に笑顔の写真を載せたりした芸能人たちが、「不謹慎だ!」と集中攻撃されたことは事実だ。『東スポWeb』をはじめ、たくさんのメディアがその様子を報じ、「ネット民」の歪みを指摘した。

 ただ、言うまでもなく、そんな「ネット民」はインターネット利用者のうちのごくごく一部で、おそらくは震災の有無に関係なく、なにかあるごとに芸能人、著名人に罵詈雑言を浴びせて楽しんでいる馬鹿者であるにすぎない。心理分析の対象にするまでもない、頭のネジが外れている者、モラルの低い者が、ちょっとしたカタルシスを味わいたくて歯をむき出すのである。

 噛みつかれる側にとっては迷惑千万な話だが、名前で仕事をするからには覚悟すべきいわゆる有名税の一種だろう。それを食らって心が折れるくらいならブログやSNSをやらなければいい。もしくは、人気ミュージシャンが繁華街でゲリラライブする際しっかり警備体制を敷くように、炎上前提で安全策をとっておく。有名人がネット上で言いたいことを言うのは、そういうことだと思うのだ。

 ネットの世界だろうがリアルだろうが、サイレントマジョリティよりノイジーマイノリティの声のほうが大きいのは致し方のない現実である。サイレントマジョリティに属していた人が、「叩かれている芸能人が気の毒でならない」と声をあげるのは自由だが、不謹慎厨らはその芸能人が気の毒な状態になればなるほど快感を覚えるので、同情は却って連中を喜ばせるだけだ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス