• TOP
  • ライフ
  • 入浴後のお湯 一晩で雑菌は1000万倍に増殖し感染症の恐れも

ライフ

2016.05.20 16:00  女性セブン

入浴後のお湯 一晩で雑菌は1000万倍に増殖し感染症の恐れも

お風呂の雑菌から家族を守るには…?

 ジメジメの季節がやってくる前に、掃除をしておきたい場所がある。それはお風呂。毎日欠かさず掃除をして換気をしていても、実は気がつかないところに汚れや雑菌は溜まり、増殖しているのだ。

 環境や工業製品の汚染微生物について研究しており、汚染微生物対策をテーマにしたテレビ番組などにも出演している衛生微生物研究センター所長の李憲俊さんは、こう話す。

「入浴前、お風呂のお湯には、ほとんど雑菌がいない状態です。しかし、入浴後のお湯を一晩置いておくと、雑菌は100万~1000万倍に増殖。雑菌がある一定数以上である状態を繰り返していると、風呂の給湯配管の中にも雑菌が付着し増殖してしまいます」(李さん)。

 浴槽はキレイにしていても、給湯配管の中は普段掃除ができないところなので、雑菌やカビが集まってできるバイオフィルム(ぬめり)の温床にもなりやすいという。汚れた状態で追い炊きをすると雑菌が浴槽に戻り、せっかくお風呂に入っても雑菌まみれ、という可能性も!

「多少の雑菌は必要以上に怖がることはありません。しかし、お風呂の雑菌の中には、緑膿菌や黄色ブドウ球菌などの病原菌が存在している可能性もあり、免疫力の低い子供やお年寄りが、感染症を起す危険性もあります。入浴後一晩置いたお風呂には入浴せず、月に1度は給湯配管の掃除を行いましょう」(李さん)

 汚れを溜めないように、こまめな掃除を行いたい。普段からまめに掃除をしているつもりでも、実は細かいところの掃除は行き届いていないことも。家事代行サービスのほか、掃除を通じて女性の社会復帰のサポートも行っているハウスクリーニング士で日本ハウスクリーニング協会理事の高橋敬子さんも、「家事代行で初めてうかがったお宅では、風呂掃除だけで2時間以上かかることが多いですね」と語る。

関連記事

トピックス