• TOP
  • 国内
  • 金子恵美氏 ゲス夫との「不離婚宣言」は執行猶予付きか

国内

2016.06.09 16:00  週刊ポスト

金子恵美氏 ゲス夫との「不離婚宣言」は執行猶予付きか

「離婚しないことにしました」(金子恵美・衆議院議員)

 有名人の「離婚しました」という発表は数多あっても、「離婚しないことにしました」という発表は珍しい。5月29日、自らのフェイスブックに〈夫である前衆議院議員宮崎謙介とは離婚しないことを決断し、ここにお伝えします〉と綴った金子恵美・衆議院議員(38)だ。宮崎氏(35)の“ゲス不倫”発覚から4か月。奇妙な宣言の裏には何があったのか。

「宮崎さんは金子さんに“生まれ変わる”といって謝罪を尽くし、その後は同居している金子さんのお母さんの身の回りの世話なども甲斐甲斐しくやっている。生まれたばかりの子供の将来を案じただけでなく、そんな夫の反省した姿を見て思い留まったのでしょう」(金子氏に近い永田町関係者)

 金子氏は“不離婚発表”後に発売された雑誌『SPA!』のインタビューでも、〈人は過ちを犯すことがあります〉〈手を差し伸べるのも人の道〉と夫を許した理由を語っている。

 もっとも、この決断は“無罪”ではなく“執行猶予付き”という見方をするのは金子氏の後援会関係者だ。

「都会と違って選挙区(新潟4区)では、“不倫などもってのほか”という考えの自民党支持者が少なくない。集会では『別れなければ応援できない』という声もある。旦那の存在は選挙でマイナスにしかならない」

 知名度はあるものの、金子氏は決して選挙に強くない。自民に追い風が吹いた前回総選挙(2014年)でも次点の菊田真紀子氏(現民進)とは3000票差で、菊田氏に比例復活当選を許した。そうしたことが「離婚しない発表」のタイミングに関わっていたようだ。

「衆参W選回避が確定的になったのが先月29日。当面は選挙がなくなったので、夫と婚姻関係を続けることを公にしても問題なくなったということでしょう。ただし、遅くとも2年以内には選挙がある。それまでに支援者の理解を得られなければ、“夫を捨てるかどうか”という選択を迫られるかもしれない」(同前)

 金子議員が選ぶのは「人の情の道」か、それとも「政治家の非情の道」か。

※週刊ポスト2016年6月17日号

関連記事

トピックス