国内

ゴミの分別 プラスチックは燃やすゴミとの考えが優勢に

 近代社会はゴミとともに歩んできた。その歴史の中でいつも注目されてきたのがプラスチックだ。プラスチックはダイオキシンを発生させるとして、問題視されてきたからだ。

 昨年アメリカ・ハワイ州全体でプラスチック製のレジ袋の規制が始まった。スーパーにビニール袋を置かなくなった代わりにリサイクル可能な紙袋や布の袋を使用することになり、違反した店には罰金が科される。また、日本で見られるようなりんごの発泡スチロールのネットのような過剰包装もない。ヨーロッパではEU加盟国が環境破壊につながるビニール袋の使用削減に合意し、すでにエコバッグが浸透していたフランスでも、7月からスーパーでのビニール袋の配布が禁止される。

 日本でもビニール袋の有料化や、エコバッグを持参すると割引を受けられるスーパーもある一方、東京23区では2008年からプラスチックが「燃やすゴミ」に変更された。ほかの自治体でもプラスチックは「燃やすゴミ」として扱われる傾向にある。『ルポ にっぽんのごみ』(岩波新書)の著者で、ジャーナリストの杉本裕明さんは言う。

「昔は焼却炉の性能が悪く、プラスチックを燃やすと焼却施設を傷めましたが、今の技術ではほぼクリアされています。また、分別してリサイクルするとコストがかかるし、プラスチックをそのまま埋め立てると埋め立て量が増えて処分場がいっぱいになってしまう。そこでプラスチックゴミを燃やすことになりました。

 プラスチックのうちバケツやおもちゃ、CDなど容器包装以外のプラスチックは大半が燃やされています。ただ、ダイオキシンの発生は、1990年代後半からの規制強化で除去するフィルターを工場に取り付けることでかなり軽減されています」

 世界ではプラスチックの使用そのものを減らす動きが加速するなか、日本はコスト重視で「燃やせばいい」とばかりの動きにシフトしている。安いに越したことはないが、違和感を禁じえない。

※女性セブン2016年6月30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン