ライフ

インプラントが副鼻腔突き抜けた患者に歯科医「よくある」

歯科医の言い放った一言に唖然

 都内在住の50代男性は10年前、歯周病が進んで上の左右の奥歯がぐらつくようになった。

「近所の歯医者からは、抜歯しなければ、周囲の歯もダメになるので、入れ歯かインプラントにしたほうがいいといわれたんです。それで妻がインターネットで〈インプラント経験豊富〉と謳う歯科クリニックを探してくれました」

 クリニックでは、すぐ翌週にインプラント手術の予約が組まれた。歯科医からリスクの説明はなかったので不安はなかったという。

 手術は3回に分けて行なわれ、上の左右の奥歯に各2本、前歯に1本、チタン製のネジのようなものを埋め込まれた。手術翌日に口の中が大きく腫れ上がって痛みが走ったものの、数か月後にはインプラントを植えた奥歯でしっかり噛めるようになった。手術代は約150万円。満足できる結果に思えた。

 しかし、6年が経った頃、異変が起きた。

「ひどい頭痛が頻繁に起き、鼻の奥から強烈な悪臭が漂うようになったのです。大学病院の耳鼻科でCT画像を見た医師から“左右の副鼻腔にインプラントが突き抜け、強い炎症が起きています”と告げられました。それは驚きましたよ。インプラントは成功したといわれていましたから」

 すぐに膿を摘出する手術を受け、炎症は治まったが、結局インプラントを抜き、150万円は水泡に帰した。

 男性はその後、最初に手術を受けた歯科クリニックを訪ねた。そこで返ってきたのは予想外の言葉だった。

「インプラントが副鼻腔に突き抜けていても、問題ありません。よくあること」

 歯科医は平然とそう言い放ち、話を切り上げた。謝罪もなく、男性は再治療にかかった費用50万円を全額自己負担した。

「怒りというより、無力感ですね。複雑な気持ちが今も続いています。クリニックを探した妻も責任を感じてしまい、夫婦仲も気まずい。上の奥歯はインプラントを抜いたままで、硬いものを噛む時は不便です」

●レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年7月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン