国内

午後3時~7時の強制わいせつ被害者の大半は小・中学生

 警視庁によると午後3~7時に発生している強制わいせつの被害者は、そのほとんどが、小学生・中学生だという。

「塾や夏期講習などの帰りは夜遅くなることが多く、送迎があっても、必ずひとりになる瞬間があります。不審者はその瞬間を見逃しません」

 そう語るのは、安全生活アドバイザーの佐伯幸子さんだ。夜間のひとり歩きが危険なのは周知の事実だが、最近は、“歩きスマホ”が狙われているという。過去に大阪府警が逮捕した容疑者も、調べに対し、「スマホの操作中は注意力が散漫になるので狙いやすいと思った」と語っていたという。

「操作だけでなく会話も危険。暗闇でも前を歩くのが子供や女性だと“声”でわかる上、個人情報がバレるケースも」

 都内在住の小学6年生の約7割がスマホや携帯電話を所有しているという調査結果も(文部科学省「全国学力・学習状況調査」(平成27年)をもとに「とどラン」が数値化。)。

 まずは歩きスマホをやめさせることが、危機回避の第一歩になる。

 そして、友達と外出する機会が増える夏休み。子供たちも浮かれ、警戒心がゆるみやすい。大人の目が行き届かない場所でどう対応するかは、常日頃から親子で話し合うことが大切だ。

「子供が被害に遭いやすい場所は駐輪場と駐車場で、発生件数の約5割を占めています(警視庁による平成25年調査)。どちらも暗くて人通りが少なく、死角になりやすい。なるべくひとりでは行かせず、友達と2人以上で行き、自転車は防犯カメラに映る場所に停めるよう指導を。また、公共のトイレを利用する際は、必ず親と一緒に行くようにしましょう」

 近所の「子ども110番の家」の場所を確認しておくのもおすすめ。「子ども110番の家」とは、何かあった際に子供が逃げ込めるボランティアの一般家庭。事前に親子で挨拶にいっておくと安心だ。

※女性セブン2016年8月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン