芸能

「解散なんて聞いてない」木村拓哉、ハワイで立ち尽くす

解散の一報を受けてメディア業界は大混乱

 デビュー25周年のメモリアルイヤーに解散を発表したSMAP。1月の「存続宣言」を受けて、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84才)は、25周年ライブの開催を求めたが、香取慎吾(39才)が頑なに拒否。独立騒動時に、一人ジャニーズ事務所残留を決めた木村拓哉(43才)へのわだかまりがその大きな理由だったという。

 そして、リーダー・中居正広(44才)は、グループ存続に向けて水面下で動き出す。香取を励ますために稲垣吾郎(42才)や草なぎ剛(42才)も誘って4人で飲むこともあったという。しかし、これが結果的に木村の孤立を強めていくことになってしまい、香取の意志に他のメンバーたちが追随する形となったのだ。

「どうしても活動を続けられないのか、ジャニー社長はメンバー全員と2度にわたり面談を行いましたが、双方の歩み寄りはなかったそうです。木村さんが何を訴えても、香取さんと草なぎさんは取り合わず、稲垣さんは終始無言だったそうです。“話し合いにならない”と、木村さんが苛立つ一幕もあったといいます。あまりの空気の悪さに社長も活動休止が不可避であることを悟り、五輪期間中にも発表することが決まったのです」(音楽関係者)

 事務所側は各メンバーに演技や語学などの海外留学を勧め、ひとときの空白を経て、再び結束する日が来ることを願った。

「いったんはこの案で収束したんです。メンバーは事務所との1年契約を更新し、ソロの仕事は引き続きやっていく。8月に入ると、各スポーツ紙も『活動休止』と打つ準備に入っていました。木村さんも“グループ活動はあくまで休業するだけ”という認識のもとで、今月上旬に夏期休暇を取り、家族連れでハワイ入りしています」(スポーツ紙記者)

 だが8月10日、事態は急変。木村を除く4人がジャニー社長を訪れると、話は一気に解散へと加速した。

「香取さんが、“休止後に活動を再開する可能性はないのだから、潔く解散した方がよい”と進言したそうです。中途半端にファンを期待させるべきではない、と。草なぎさんと稲垣さんも彼の言葉に同意を示したといいます。最も悩んだのは中居さんでした。これまでのSMAPは中居・木村という長兄の意見に下の3人が従ってきた形です。でも、今回は年少メンバーが初めて自分の意志を主張した。しかも、社長を前にして。よほどの決意だったのでしょう。その光景を目にして、中居さんも折れたようです。存続はもう無理だ、と。彼らの意を汲み、解散に同意する他なかった」(前出・音楽関係者)

 4人の意向を受けて、翌11日の執行役員会議で解散が正式決定。この結果に衝撃を受けたのが、ひとり蚊帳の外に置かれた木村だった。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン