芸能

森進一が息子Takaについて語る「親を忘れなければいい」

息子のバンドONE OK ROCKのライブによく行くという森進一

 9月9日、10日、静岡県浜松市の野外公園「渚園」でONE OK ROCKのライブが開かれた、2日で11万人の観客を集め、大盛り上がりとなったが、一部のファンは「Hard to Love」という楽曲の披露がなかったことを残念がっているという。

 この「Hard to Love」はCD化されていないが、7月のアメリカのライブで初披露された曲。ボーカルのTaka(28才)が、父である歌手・森進一(68才)との断絶と和解を歌ったものだ。

 森進一と森昌子(57才)夫妻の長男として生まれたTaka。森は厳しい父親として、Takaを育てていたが、離婚後、森昌子が親権を持ち、父子の関係は一時断絶したとも言われていた。しかし、実際には森は息子のことを常に気にかけていたという。

 そして、森は最近、ワンオクのライブによく行っている。Takaのインスタグラムには、控え室での父子ツーショットが掲載されることも珍しくない。森にとって、息子の存在が日々の癒しなのだという。

 朝4時起床、8時就寝。ご飯は自炊で、飲み会は苦手。友人も少ない。都心の大豪邸で、ひとり仏壇に米を供え、読書をし、花に水をやる。古希を控えた森は、我欲や執着を捨て、住職のような毎日を送る。

「息子と過ごす時間が救いというか。“この前、子供が来てくれた”って嬉しそうに言っていました。でも泊まっていかなかったって、しょんぼりと(笑い)。Takaのあの新曲を知ったら、なんて言うかなぁ」(森の知人)

 9月11日の昼下がり、散歩帰りの森に声をかけた。

──森さん、ワンオクの10万人ライブ、行きましたか?
「あれね、行こうかと思ったんだけど。遠いし暑いし、人混みもちょっとね。遠慮してしまったんです。良いライブだったと聞きました」

──大変な盛り上がりでした。
「うん。頑張ってるみたい」

──今、父への感謝を歌った新曲が話題になっていて…。
「『Hard to Love』でしょう、知っています」

──どんな感想を?
「そりゃ嬉しいですよ。心震えるっていうのかな。“誇りに思ってるよ”って、あの子にメールしました」

── 一時、断絶なんて言われてましたね。
「父と子ですから。縁が切れるわけないんです」

──息子さんと会っている?
「ま、たまにね。親を忘れてなければいいんです。体さえ健康に生きていてくれたら、僕はなにも言うことない」

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン