芸能

尾崎豊の息子・尾崎裕哉「僕はガラスを割らない。全力で磨く」

自伝『二世』を上梓した尾崎豊の息子・尾崎裕哉

 8月23日に自叙伝『二世』(新潮社)を上梓した、伝説のシンガー・尾崎豊(享年26)の一人息子である尾崎裕哉(27才)。父の死から2年後の1994年夏、5才だった裕哉は、日本の喧噪を離れ、母親とアメリカ・ボストンへ移住する。

 父のことを知りたい――小学6年生になると父の楽曲の虜になった。2005年、15才で帰国。アメリカンスクールに通学しながらも、「日本語で歌詞が書きたい」「歌手になりたい」という思いは強まっていった。しかし“尾崎豊”と比べられる以前に、日本語がままならない。11年間の米国生活で日本語を忘れかけていた裕哉の、血のにじむ努力の日々が始まった。

 寝る間も惜しんで日本語を習得し、慶應大学に進学。アメリカンスクールからの合格は異例のことだった。22才になる直前、裕哉は転機を迎える。それは不思議な夢から始まった。

「テーブルの上のアルバムをめくっていくと、幼稚園、小学校、中学校と成長していく僕と一緒に父が映っているんです。現実にはあり得ないものですが、起きた時は涙が流れていました」(裕哉・以下、「」内同)

 この夢を大学の心理学の先生に明かすと、「父親がなぜ死んだのかを知っているか?」「自分への宿題だと思って、お母さんに聞いた方がいいよ」とアドバイスされた。数日後、実家に帰った裕哉は、夕食を終えた後、勇気を持って母に切り出した。

「パパはなぜ死んだの?」

 母は、覚悟を決めたように正面から全てを話してくれた。尾崎豊の人となり、なれそめ、生前苦しんでいた人間関係、彼の孤独…。

《母親の声は徐々に震えて、いつしか大粒の涙をこぼしていた。(中略)母親の言葉は鮮明なイメージとなって僕に伝わった》

 自分の中に息づく父の血を感じ、同時に女手一つで自分を育てた母への感謝が溢れた。9月5日に先行配信されたデビュー曲『始まりの街』にもその想いが込められている。

『僕は幸せさ これまでもこれからも あなたの笑顔照らしてよ 導かれるままに二人は生きているのさ』

 この歌詞は、母に捧げたものだった。

――尾崎豊と自分は似ていると思いますか?

 そんな質問をすると、彼は少し悩んでこう答えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン