ライフ

ボツイチ 愛妻家だった人が「第2の青春」を謳歌する傾向

「第2の青春」をどう楽しむか?

 最近は、妻に先立たれた独身男性を「ボツ(没)イチ」と呼ぶ。意外に多いのが「ボツイチライフは愉しい」という声だ。

「妻が亡くなってから始めた登山が楽しくてね。低い山ばかりだけど、もう10か所以上は登った。山以外でも、登山仲間で集まってワイワイ飲んでるよ」

 こう嬉しそうに話すのは3年前に妻に先立たれた66歳の男性だ。だが、新しい生活に踏み出すまでにはかなりの時間を要したという。

「ずっと家に閉じ籠もりっぱなし。妻と向かい合っていた食卓にひとりで座るのが寂しくて、1日何も食べないこともあった。掃除や洗濯も億劫になり、部屋も散らかりっぱなし。友人がそんな私を見るに見かねて、登山に誘い出してくれた」

 家族問題評論家の宮本まき子氏がいう。

「ほとんどの男性が、奥さんを亡くすと深く落ち込みます。でも、何かのきっかけで前向きになり、人生を満喫する人も多いんです」

 八洲学園大学教授で家族問題評論家の池内ひろ美氏が「立ち直りやすいタイプ」をこう分析する。

「意外に思われるかもしれませんが、愛妻家だった方のほうが“第2の青春”を謳歌される傾向があります。ずっと妻を愛してきたことへの自信があるからでしょう。しばらくすると妻に頼りきりだった生活を離れ、自分から新たなコミュニティに飛び込むなど、楽しみを上手に見つける人が多い」

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン