• TOP
  • 芸能
  • 安藤優子 夏休み中に視聴率上昇、「私はいらないの!?」と涙

芸能

2016.10.27 16:00  女性セブン

安藤優子 夏休み中に視聴率上昇、「私はいらないの!?」と涙

自分の休み中に視聴率が上昇?

《ニッポン人が今見たい情報に日本一“よりそう”、ちょっと硬派な、どワイドショー》。こんなコンセプトを掲げてスタートした昼の情報番組『グッディ!』(フジテレビ系)も、放送開始から1年半。

「スタート当初は平均視聴率1%台を連発する低空飛行が続いていましたが、今や5%を超える日もあり、だいぶ安定してきました。打倒『ミヤネ屋』(日本テレビ系)を合い言葉にスタッフ一同やる気に満ちています。ただ最近、事件があって…」

 そう話すのはフジテレビ関係者。好調の裏に潜む負の要素とは一体なにか。

「司会の安藤優子さん(57才)です。8月末に夏休みを取ったんですが、その間に視聴率が上がったんです。で、復帰したら少し下がりました。これまでも安藤さんが主婦層に合わないのではないかという指摘はありました。それがなんとなく形になってしまったのです。フジテレビ全体が低迷し、番組のコストもどんどん削減している中にあって、安藤さんのギャラは非常に高い。夏休みの数字を見て、局の上層部からも“彼女が出ない選択肢もあるのでは”という声があり、来年3月の降板説が流れました」(前出・フジテレビ関係者)

 こんな話がスタッフ経由で安藤本人の耳にも入ってしまったという。

「思いっきり凹んでいました。最近の安藤さん、相方の高橋克実さん(55才)と飲みに行くことが多いんですが、その席で泣いていたそうです。“私はいらないのかしら”って。高橋さんがなだめても全然ダメみたいで。“もういつ切られてもいい…”と落ち込んでいたそうです」(別のフジテレビ関係者)

 報道キャスター出身とはいえ、スタジオの椅子に座り続ける「メイン司会」というポジションが安藤に役不足だという声は多い。

 安藤は『FNNスーパーニュース』(フジテレビ系)時代から事件が起きればわれ先に飛んでいき、近隣住人取材も自らやってのけた。

「救急車や消防車があれば見にいかないと気が済まない」

 過去のインタビューでそう話しているように、安藤の素地は徹底的な現場主義によって作られていた。

「“ホントはもっと外に出る仕事がしたい”と最近ぼやくことが多いんです。さすがに、今から安藤さんをフィールドキャスターにするわけにもいかないですが…」(前出・フジテレビ関係者)

※女性セブン2016年11月10日号

関連記事

トピックス