国際情報

中国サッカー代表W杯絶望 習近平主席への批判も

W杯出場絶望で習近平体制に危機?

 サッカーのワールドカップロシア大会のアジア最終予選で中国代表はシリアとウズベキスタンに連敗したうえ、代表監督までが責任を取って辞任した。2018年開催の本選への出場は絶望的な状況だ。

 このため、ネット上では「監督まで辞めてしまったのだから、中国チームは解散し、サッカー協会幹部にも消えてもらおう」や、「税金の無駄遣いをやめて、他のもっと重要なことに使うべきだ」などとの中国のサッカー偏重を批判する書き込みがみられている。

 中国チームは6日、ホームゲームでシリア戦に敗れたのち、11日夜にはアウェイのタシケントでのウズベキスタン戦でも0-2で敗れた。

 この連敗で、4試合を終えた中国はアジア最終予選グループAの最下位に沈んだ。中国のW杯本戦への出場はほぼ不可能となり、この責任を取って、高洪波監督が辞任した。

 とはいえ、中国は同じグループに属するイラン、ウズベキスタン、韓国、シリア、カタールと、まだあと6試合も残している。しかし、後任の監督として手を挙げる勇気ある人物はおらず、後任が決まるまで、高氏が指揮をとることも考えられる。

 そうなれば、もはや戦意喪失した監督の下で、選手たちは戦わなければならず、残り6試合全敗という悪夢が現実のものになることも覚悟しなければならない。

関連キーワード

関連記事

トピックス