ライフ

将棋スマホカンニング疑惑で朝日vs読売の「盤外戦」勃発

スマホカンニング問題で「盤外戦」も発生

 将棋界で最も格が高いとされる棋戦・竜王戦。この頂上決戦の挑戦者となるはずだった三浦弘行九段(42)がスマホで“カンニング”していたという疑惑がメディアを賑わせている。だがその裏側では、棋界のメインスポンサーである大手新聞社の熾烈な争いが起きていた。

〈三浦九段、竜王戦出場停止、将棋連盟、ソフト使用疑い聴取〉

 これは、朝日新聞が最初に「将棋カンニング疑惑」を報じた際の見出しだ。三浦九段は対局中に席を離れ、スマホ搭載の将棋ソフトを使ってカンニングした疑いで日本将棋連盟(以下、連盟)から今年12月末までの出場停止処分を受けた。現タイトル保持者の渡辺明竜王(32)が『週刊文春』で「間違いなく“クロ”」と実名告発したことで、騒動はさらに大きくなった。

 火付け役となった朝日は10月13日の社会面で〈タイトル戦の挑戦者の変更は極めて異例〉と大きく取り上げ、事の重大さに言及した。

 さらに翌14日の紙面でも、〈スマホ問題 将棋界から疑念〉のタイトルで続報。三浦九段と親交があるという匿名の棋士が、〈将棋界にとって大きな汚点ができた〉と厳しく総括した。各メディアは朝日に追随し、「将棋カンニング疑惑」を大きく報じた。

 ところが唯一、他紙と異なるトーンの記事を掲載したのが、販売部数トップの読売新聞である。

 朝日が第一報を打った同日、読売も騒動を報じたが扱いは小さく、タイトルも〈竜王戦の挑戦者変更 三浦九段出場停止 丸山九段繰り上げ〉というもの。記事中でも「スマホ」というキーワードやカンニング疑惑の説明はなく、「対局中に不必要と見られる離席が多い」と指摘された三浦九段が竜王戦への出場辞退の意向を示し、連盟が出場停止を決めたとだけ報じた。文化面を担当する他紙の記者がいう。

「その後も、朝日は疑惑を追及し続け、22日からは『三浦がカンニングしていた』と渡辺竜王が告発した10月3日の“疑惑の順位戦”の棋譜を掲載した。それとは対照的に、読売の報道は静かだった」

 元読売新聞社会部記者でジャーナリストの大谷昭宏氏も不可解さを認める。

「確かに今回、読売は不自然なくらいこの件をほとんど報じていません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン