芸能

小松菜奈 『溺れるナイフ』で共演の菅田将暉に「助けられた」

夏目を演じた小松菜奈。(『Maybe!』より)

 2016年11月5日から公開されている大ヒット映画『溺れるナイフ』で主人公、夏芽(なつめ)役を演じる小松菜奈(20才)。夏芽は、東京の人気モデルでありながら、遠く離れた田舎町に引っ越すことになり、そこで出会ったコウ(菅田将暉)と恋に落ちる女の子。小松は、自分自身と役柄を重ね合わせたありのままの自分の恋愛感を、ファッション・カルチャーマガジン『Maybe!』vol.2(小学館)で語っている。

 過去に2人が共演した映画『ディストラクション・ベイビーズ』の裏話なども含んだ、小松菜奈のインタビューの一部を紹介する。

――菅田さんとは『ディストラクション・ベイビーズ』に続いて、2度目の共演ですね。

小松:菅田さんは、現場でも普段でも俳優として目が離せなくて。出ている作品は映画もドラマも気になって見ちゃうんです。現場でも、必死で追いかけてしまって。監督の要望で急にセリフが変わったシーンがあったんですけど、私はすぐセリフが入るタイプじゃないので、すごくテンパってしまったんです。それで菅田さんが「練習する?」って言ってくれたんですけど、夏芽とコウちゃんは距離がある役なのに、練習した感じが画面に現れてしまうんじゃないかと思って。「大丈夫、大丈夫」って言ったこともありました。でも菅田さんがリードしてくれたから、助けられたことは多いです。

――ベタな質問ですけど、本当に好きになったりしないんですか?

小松:それはまた違うんですよね。前作で激しいシーンを演じているから、何をしても受け止めてくれるし、私も菅田さんを受け止められる自信がありました。

――山戸結希監督の映画は初めてのご出演ですが、現場はいかがでしたか?

小松:山戸監督は、誰よりも夏芽でした。夏芽自身と言ってもいいぐらい。撮影中、“コウちゃん”をずっと目で追っているんです。もしかしたら、コウちゃんに恋をしていたんじゃないかな。だからその分、菅田さんへの要求も多かったですね。「私のコウちゃんには、こうあって欲しい」という思いを強く感じたし、髪型ひとつにも意味を持たせていて、表現が独特でした。

――監督が夏芽自身だとしたら、小松さんへの要求も多そうですね。

小松:毎日泣いて、悔しい思いをしてホテルに帰ってきてました。3週間の短い撮影スケジュールというのもあって、本当に辛くて、精神的にもかなりハードでしたね…。いつも泣いているから、目が腫れてるし、私、疲れると目がしじみみたいになっちゃうんですよ(笑)。だから、氷嚢(ひょうのう)を目に乗せながら休憩してて。こんなに現場で泣いたのは初めてですね。言葉にできないほどの過酷さを味わいました。

◇小松菜奈(こまつ・なな) 1996年2月16日生まれ。東京出身。2016年は『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『ディストラクション・ベイビーズ』、『ヒーローマニア-生活-』に出演。今後『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などの公開が控えている。

『Maybe!』では、長谷川航一朗(コウ)役の菅田将暉のインタビューや、監督の山戸結希と原作漫画家のジョージ朝倉によるスペシャル対談も同時掲載されている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン