国内

森、与謝野、内田…小池都知事の高齢政治家口撃なぜウケる?

高齢政治家への「口撃」が止まらない

 年明け早々、“小池劇場”が過熱している。1月14日、豊洲市場敷地内の地下水から環境基準を上回る有害物質が検出されると、小池百合子・東京都知事は「豊洲問題は夏の都議選の争点」と断言した。都政記者がいう。

「2014年に始まった調査では第1~7回まで有害物質は基準値を下回っていた。ところが昨年9月の8回目は基準値の2倍弱、今回は最大79倍の数値に一気に上昇。『小池都政以前の調査に問題があったのでは』との疑いまで急浮上しています」

 この新たな“ブラックボックス”に何らかの疑惑が深まれば“都議会のドン”こと内田茂・自民党都連前幹事長との決戦である夏の都議選で、小池氏は追い風を呼び込むことができる。

 選挙戦では独自に30~40人を擁立する方針の小池氏だが、主宰する「希望の塾」で実施した選定試験には1000人以上が参加。審査には慶應大学教授の上山信一氏ら都の顧問があたる強固な布陣が敷かれている。

 これに対し、都議会自民党からは悲鳴が上がっている。

「都顧問は役所の政策ごとの詳細な支出の内訳など機密情報にアクセスできる。彼らが特定政党に肩入れしたら、候補者育成や公約作成もその政党に有利になる。税金で雇われている有識者なのに、公正じゃない」(自民党都連関係者)

 そんな批判をかき消してしまう勢いの小池氏。その舌鋒は政界の重鎮たちを前にしてもとにかく鋭い。

 内田氏との代理戦争となる千代田区長選(2月5日投開票)に、都議会自民党陣営が与謝野馨・元財務相の甥、与謝野信氏を擁立すると、野党時代に自民党を離党して民主党政権の大臣ポストに就いた馨氏へのあてつけで「最後はどこの政党でしたかねえ。甘党?」(13日)と皮肉った。

 五輪の費用負担で対立する組織委員会の森喜朗・会長には、「文句ばっかり」「『器の違い』を感じていただきたい」(16日)と強烈な“口撃”を浴びせた。

 内田氏77歳、与謝野氏78歳、森氏79歳。とにかく“高齢政治家”がターゲットに見える。コラムニストの石原壮一郎氏が解説する。

「森さんや内田さんへの反感は、小池知事が昨年7月に当選して最初に都政ブラックボックス批判をブチ上げた頃より確実に強くなっている。対立構図が固定化して時間が経つほど高齢の重鎮政治家側に“あれだけ批判されたのに、まだ利権にしがみついている”というイメージが強くなる。小池さんはそれがわかっていて、“このあたりで口撃をすれば、さらに支持が集まる”と計算しているのでは」

 進撃はいつまで続くか。

※週刊ポスト2017年2月3日号

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン