ビジネス

ポテチ品切れの湖池屋 新社長は伝説のヒットメーカー

品切れ続出の湖池屋『KOIKEYA PRIDE POTATO』

 ポテトチップスの老舗メーカー、湖池屋が今月“プライド”をかけて発売した、その名も『KOIKEYA PRIDE POTATO(コイケヤプライドポテト)』が、販売の一時休止を余儀なくされるほどバカ売れしている。

 国産じゃがいも100%使用という原料のプレミアム感も去ることながら、販売を休止した2種類は、炙った和牛(商品名/魅惑の炙り和牛)や松茸(商品名/松茸香る極みだし塩)風味を出すなど、他社ポテチとの差別化を狙った商品開発が奏功したといえる。

 もともと湖池屋ブランドのスナック菓子には、『コイケヤポテトチップス』シリーズのほか、『カラムーチョ』や『ポリンキー』、『ドンタコス』といったロングセラーのヒット商品もあるが、経営的には安閑としていられない状況が続いていた。

「スナック菓子業界には“巨人”のカルビーがいて、ポテチ市場シェアの約7割を握っているばかりか、近年はコンビニ向けにPB(自主企画)商品を開発するなど、ますます勢力を伸ばしている。

 一方、湖池屋は2012年から2年連続で赤字に陥るなど苦しい経営を強いられ、古い組織体制や商品群の抜本的な見直しを迫られてきた」(経済誌記者)

 2011年からはカップ麺で有名な日清食品ホールディングスと資本・業務提携を結び、子会社再編や湖池屋ブランドの再構築を進めてきた。

 その過程で昨年、新生・湖池屋の新社長として外部から招聘されたのが、“伝説のヒットメーカー”と呼ばれていたキリンビバレッジ前社長の佐藤章氏(57)だ。経済ジャーナリストの永井隆氏が、佐藤氏の経歴を明かす。

「佐藤さんはもともとキリンビールの入社。営業では早々に実績を残しますが、アサヒの『スーパードライ』に抜かれたビール人気を取り戻したいと、花形の商品企画部に自ら志望して異動してからは、目立った活躍はできませんでした。

 数々の挫折を経験し、社内でもクサっていた佐藤さんが変わったのは、1992年に研修でドイツ・ミュンヘンを訪れてから。現地のビール醸造職人の仕事ぶりを見て、『消費者を見ず、自分や組織の都合で商品を作っても売れるはずがない』との胸中に至ったといいます。

 決して妥協しない商品づくりは、帰国後に出向したキリンビバレッジですぐさま成果に結びつきます。缶コーヒーの『FIRE(ファイア)』や『生茶』、『アミノサプリ』など次々とヒット商品を飛ばし、一躍、“カリスマ・マーケター”としてその名を轟かせるようになりました」

 佐藤氏の商品に対するこだわりを表すこんなエピソードもある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン