ライフ

ふわふわモフモフ…世界一美しい猫「ラパーマ」の魅力

首回りの被毛が美しくカールしている「ラパーマ」

「日本生まれのラパーマの美しさを世界中の人々に見てもらい、驚かせたい」──こう語るのは、東京・六本木ミッドタウンにある富士フイルムフォトサロンにおいて開催中(3月16日まで)の「世界一美しい猫たち」展に展示している新進気鋭の写真家・五十川満氏だ。

 展示されるのは五十川氏が撮り下ろした70点以上の写真。その被写体は、世界のキャットショーで多数のメダルを受賞している正真正銘のスーパーモデル猫たちだ。ベルベットのような毛並、しなやかなスタイル、宇宙を内包しているような深い瞳に思わず釘づけになってしまう。

 なかでも珍しいのが「ラパーマ」という猫種。1982年アメリカのオレゴン州で突然変異によって生まれ、いまなお世界での登録数が数百頭という希少種。首回りを中心に被毛がカールしてふわふわモフモフいるのが特徴だ。その数少ないラパーマと日本の猫との間に誕生した「日本生まれのラパーマ」たちが、世界最大の愛猫団体であるCFAに認定され、しかも伝説のジャッジに絶賛され、次々とチャンピオンを獲得していったのだ。

 今回の写真展に合わせて、「ラパーマ」にフォーカスした写真集『世界一美しい猫たち ラパーマ』も同時に刊行されるという。収録された10頭は、全てキャットショーでのゴールドメダリスト。ショースタイルの凛々しい姿や、オフショットのリラックスした様子まで、「ラパーマ」の魅力がぎっしりと詰め込まれている。

 世界を驚かせた日本生まれのラパーマたちの美しさを、ぜひ堪能してほしい。

撮影■五十川満(いそがわ・みつる):1985年宮崎県生まれ。写真家・宮澤正明氏に師事後、独立。写真展「世界一美しい猫たち」(六本木・富士フイルムフォトサロン)に伴うギャラリートークが4日、10日、12日に開催予定(各日14時~、16時~。参加無料、予約不要)。写真集『世界一美しい猫たち ラパーマ』(小学館)が発売中。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト