ライフ

「我が家」と呼ばれる神楽坂の角打ち 店主は「高倉健さん命」

常連客手作りの天板をのせたP箱をテーブルに、所狭しと老若男女が集う

 灯りまたたく、ここは東京・神楽坂。この坂の多い町をぶらぶらと歩いて行くと、いつのまにか二十騎町(にじゅっきまち)、箪笥町(たんすまち)、細工町(さいくまち)…といった江戸時代なごりの町名が並ぶ、静かな住宅街にたどり着く。そのひとつ、納戸町(なんどまち)に、客の誰もが「角打ちができる“店”というより、あったかい“我が家”だ」と語る、『飯島酒店』がある。

 主人は、3代目の飯島康文さん(65歳)。学生の頃から「高倉健さん命」で人生を歩んできたそうで、なるほどその証なのか、店内には自らが手を尽くして集めたという健さんのポスターが何枚も貼られている。

 酒や酢を中心としたよろず屋的に商品を並べて、祖父の代に始まったこの店の歴史は、すでに90年になる。

「驚かれるかもしれませんが、私がこの店を引き継いだのは、5年前、60歳のときなんですよ。それまでがんばっていた兄が、店を閉めたいと言いましてね。だけど、祖父が起こし、引き継いだ父が酒屋の形をしっかりと作って息子たちへ。そうやってつながって来た流れを、ここで切るわけにいかないでしょ。それじゃあ俺がやめさせないと心に決めて、酒屋としての3代目になりました」(飯島さん)

 このあたりに、心意気的にも健さんを彷彿させるところがあると言えないだろうか。

 実は飯島さん、店を隣町である細工町から現在の場に移して営業を始めた当時は、角打ちのことなど一切考えていなかったという。それが、2年半ほど前の平成26年、主人vs.妻、娘でちょっとした家族争議がもちあがり、店の歴史が変わることになった。

「妻(弘子さん)と娘が、角打ちのできる店にしようと言いだしたんですよ。私は、うちは酒屋であって飲み屋じゃないんだ。店の中で飲ませるなんて冗談じゃねえと反対したんですが、二人は、ずっと前からやりたかったみたいで、結局押し切られてしまった。断腸の思いでしたね」と笑う飯島さん。

「酒屋の体裁は変えない」、「改装などの経費はかけない」、「自分は接客をしない」などの講和条約を締結して、角打ちはスタートした。

 するとたちまち、客に支持される店になった。「飲み屋らしい設備なんて何もないし、狭くてむさくるしい酒屋ですよ。何がよくてみんな来るんだろうね」と飯島さんが、逆説的感動の言葉をこぼすほどだ。

「ご主人夫婦が自分たちの親世代で、しかもとっても温かい。ご主人から『何がよくてこんなとこ来るんだい』なんてべらんめえ口調で言われると、これがまた気持ちよくてね。僕らにとっては、店というより実家?我が家って感覚で来てます」(30代、印刷業)

「店は、すぐに混んでしまう。普通、混んでたら出直すでしょ。でもみんな、おう、いっぱいだねとか言いながら平気で入ってくるんですよ。外にまで溢れて来ている。ご主人夫婦や娘さんのやさしい雰囲気に触れると、ちょっとでもいいからここで飲みたいぞとなって、顔を見ずには帰れないんです」(40代、広告業)

 夫人、そして足繁く手伝いにやってくる美人と評判の娘さんはもちろん、接客をしないはずのご主人も、いつしか角打ちに欠かせない存在になっていた。

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン