• TOP
  • ライフ
  • 慢性の筋肉の痛み「MPS」 新要因判明で適切な治療期待

ライフ

2017.04.14 16:00  週刊ポスト

慢性の筋肉の痛み「MPS」 新要因判明で適切な治療期待

筋・筋膜性疼痛症候群について医師が解説

 筋・筋膜性疼痛(とうつう)症候群(MPS)の所見は、筋肉が疲労しやすくなっている、筋肉が固く伸びにくくなっている、筋肉内に押すと痛みを感じる固い小さなしこりがある、の3つだ。

 筋肉に由来する慢性痛としては線維筋痛症が有名で、ともに血液検査や画像検査を行なっても異常が見られないという共通点がある。しかし、線維筋痛症が全身に耐え難い痛みが恒常的に発生するのに対し、MPSの主な痛みの範囲は局所的であることが多い。また、MPSの痛みは神経痛のように電気が走る、ビリビリとした痛みと重だるい鈍い痛みに代表される。

 渋谷セントラルクリニックの大友博之医師に話を聞いた。

「例えば慢性的な肩こりの痛みは、骨格のゆがみなどの身体的な要因に社会的・心理的要因が複合的に作用し、発生することがあります。強いストレスがかかり、寝ている間も緊張が解けず、筋肉がこわばることで痛みが助長するわけです。近年、MPSは骨格のゆがみや関節可動域が狭くなるという原因に加え、ビタミンDや貯蔵鉄の減少、甲状腺機能低下も要因であることがわかってきました」

 筋肉は身体を動かすバネの役割を担っているが、実はホルモンや炎症を抑える物質などの分泌臓器でもある。筋肉がこるとマッサージなどで筋肉を緩めればいいと思いがちだが、筋肉の代謝機能が低下しているために痛みがなくならない場合は、揉むだけではよくならない。

 筋肉の代謝低下の原因の一つがビタミンDの減少だ。ビタミンDは骨の再生や炎症抑制、蓄積した疲労の解消、免疫力アップのほか、不眠症の改善、膠原病(こうげんびょう)やうつなど様々な病気にも関与している。

関連記事

トピックス