ビジネス

ネット銀行は高齢者にメリット、メガバンクの10倍の金利も

ネット銀行はシニア世代と親和性が高い?

 日本経済新聞社が2000人を対象に実施した「第13回金融機関ランキング」の顧客満足度で上位を占めたのはイオン銀行、ソニー銀行などの「ネット銀行」だ。

 ネット銀行は店舗を構える都市銀行や地銀などと異なり、原則的に実店舗を持たずネットなどを介して取り引きを行なう。ネットに慣れ親しんだ若者を中心に利用者が増える一方で、中高年世代は「ネット操作が難しい」「実態が分からず不安」などと敬遠しがちだ。

 だが、ファイナンシャルプランナーのやがら純子氏は「ネット銀行こそ高齢者にメリットがある」と話す。

「ネットで振り込みなどができるため、わざわざATMまで足を運ばなくていい。足腰が弱って外出が難しくなった高齢者でも気軽に利用できる」

 メガバンクにもネットバンキングサービスはあるが、やがら氏はネット銀行を推す。

「ネット銀行は店舗や自前のATMが少なく、預金通帳もないため、人件費や店舗運営費などのコストもかからない。その分で手数料を安くしたり、金利を高くして顧客に還元している。定期預金ならメガバンクの約10倍の金利の銀行もある。また公的年金の受け取りも一部のネット銀行で可能です」

 パソコンやスマホの操作に不安がある場合はどうか。

「電話によるサポートサービスも充実しているので丁寧に操作方法も教えてもらえます。最初は大変ですが慣れてしまえば老後の生活を支えてくれるはずです」(やがら氏)

 食わず嫌いせずにチャレンジしてみる価値はあるかもしれない。

※週刊ポスト2017年5月19日号

関連キーワード

トピックス