芸能

窪塚洋介恋愛論「嫁に毎日“愛してる”、息子には“I LOVE YOU”」

窪塚洋介の撮り下ろし写真も見どころ。

 20代を中心に話題を呼んでいるカジュアルファッションマガジン『Maybe!(メイビー)』が5月18日に発売される。3号目となる今号のテーマは「教えて!恋愛事情」。白石和彌監督によるオリジナル誌上ムービー『地球最後の恋』や、元看護師、ヘルス嬢という異色の経歴を持つ漫画家・沖田×華(おきたばっか)のリアリティ漫画新連載など、今回もさまざまな特集が組まれている。

 そのひとつ『教えて!恋愛事情特集』では、窪塚洋介やジェフ・ミルズ、宇宙飛行士の金井宣茂など、有名人12人のインタビューが掲載されている。そのうち、窪塚のインタビューの一部を抜粋して紹介しよう。
 
 * * *
 俺自身、16歳で俳優デビューして、結婚して子供ができて、一つひとつ積み上げてきたつもりだけど、あるとき(ビルから)落っこちたら全部なくなっちゃって。でもそれが自分にとってリセットみたいなもので、結果として音楽っていう新しい世界に飛び込むきっかけになった。そこからまわりの人たちや自分自身に対する理解が深まっている気がしていて。「ありがとう」って言葉ひとつにしても響き方が変わったし、逆に自分が発するときも出てくる根元から想いが大きくなった。
 
 10代の頃は相手が喜びそうなきれいな言葉を見つけたり、物に変えたりとかしてた。今でもそれは大切にしてるけど、やっぱり行動がすべてだなと思う。実際、一昨年の20周年パーティーで嫁にプロポーズしたし、今も毎日お互い「愛してる」って言い合ってる。息子にも同じように伝えているんだけど、まだ13歳だから照れちゃうときもあって、そのときは「I LOVE YOU」に変えたり。そのほうが言いやすくて(笑)。後で気付くことも愛だけど、それだともったいないから、自分が今愛している人には愛してるって絶対言った方がいいよ。

◇窪塚洋介(くぼづか・ようすけ)
1979年神奈川県横須賀市生まれ。俳優の他、レゲエDJ「卍LINE」としても活動中。6枚目となるアルバム『真説~卍忍法帖~福流縁』を5月17日より4週連続で発売。計27曲とMV12曲を収録。発売中/CD各2500円、DVD3000円/AMATORECORDZ

Photo:わたなべよしこ 
Hair&Make-up:日野泰治

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン