• TOP
  • 芸能
  • 山田洋次監督 「日本と日本人は大きく変容してしまった」

芸能

2017.05.20 07:00  週刊ポスト

山田洋次監督 「日本と日本人は大きく変容してしまった」

「年をとった人の葬式では、死者を送るという荘厳な場であっても、思わず吹き出すようなことも起こりうる。その死を巡って、家族が大騒ぎする様子を可笑しく描けないかな、と思ったんです。

 死があるけど、可笑しい。それは大きな勝負だろうとも思いました。ただ、死をテーマにした面白い喜劇は色々あるんです。ヒッチコックにも、フランク・キャプラにもある。

 僕の大好きなイギリスの喜劇『マダムと泥棒』では、主演のアレック・ギネスを含め出演者のギャングが全員死んじゃうけど、それでいて可笑しい。そんなことを思い浮かべながら物語を考えました」

 家族のドラマを描き続けてきた山田だが、実は、東京大学を出たばかりの頃に目指したのは、イタリア映画のフェリーニやヴィスコンティだった。

「穏やかなホームドラマなんてくだらないとずっと思っていました。若いときは、誰でもそうだし、そうあるべきじゃないのかな。いまでも、20代、30代の監督が家族の姿を丁寧に描くなんてことは、むしろやるべきじゃないと僕は思うけどね」

関連記事

トピックス