• TOP
  • スポーツ
  • 現役時代の成績は無関係? 元力士のちゃんこ屋経営の工夫

スポーツ

2017.05.21 11:00  週刊ポスト

現役時代の成績は無関係? 元力士のちゃんこ屋経営の工夫

「どすこい酒場玉海力」のちゃんこ

 相撲ブームを追い風に各地で繁盛しているように見えるのが、引退した力士たちが経営する「ちゃんこ屋」だ。果たしてランキングでそのトップに立ったのは──。元力士が経営者、店主を務める全国の主要なちゃんこ店について口コミサイト「食べログ」での評価を調べ、ランキング化した。

 トップで並んだのは「ちゃんこ芝松 中目黒店」と「どすこい酒場玉海力 広尾本店」の2店舗だった。「芝松」の代表を務めるのは元三段目・玉龍馬の鈴木新平氏だ。

「もともとは父が目黒区緑が丘に昭和32年に創業したお店で、自分は3年前に独立しました。うちのちゃんこ鍋(1人前2500円)は味噌、醤油、塩、キムチと4種類の味つけがあり、味噌味を頼むお客さんが多いですね。

 現役力士では、玉鷲や嘉風がよく来てくれていますよ。それから伊勢ノ海親方(元前頭・北勝鬨)もいらっしゃいますね。相撲部屋のちゃんこはいくらでも食べられるようにあっさり味だけど、うちの店のちゃんこはパンチが効いていて濃厚。力士たちもそういう味を求めて来てくれるんだと思います」

 一方、「どすこい酒場」は元前頭・玉海力の河邉幸夫氏が代表。取材に応じた担当者は、「おすすめメニューは塩ちゃんこ(1人前2480円)。この塩味はうちの店が元祖」と胸を張る。鍋に入るつくねは毎朝、一から練り込んだ自慢の品だという。出汁はあっさりしながらもコク深い。

関連記事

トピックス