芸能

元祖ライダー藤岡弘、「ヒーローは一生かけて背負うもの」

元祖仮面ライダー藤岡弘が「ヒーローとは?」を語る

 戦隊ヒーロー出身の俳優たちの活躍が注目を集めている。菅田将暉(24才)、志尊淳(22才)、竹内涼真(24才)、他にも、千葉雄大(28才)、松本岳(24才)など、20代の若手俳優の多くがヒーロー経験者だ。そんなヒーロー出身俳優に元祖仮面ライダー藤岡弘、(71才)はこう語る。

 * * *
 何事も初めてっていうのは苦難がつきものだけど、『仮面ライダー』(1971年)は、誰もヒットするなんて予想していなかったですよ。

 だから撮影も工事現場みたいなところを使って、満足に揃わない機材で始まったんです。予算もないからスタントマンもいなくて、すべて自らやらざるを得ない状況でした。仮面をかぶると視野が狭くなって、遠近感がなくなる。

 その状態で高いところから飛び降りたり、崖っぷちを二輪車で走ったりするのでけがも絶えなかった。新境地を求め、すべてにハングリーな状況のなか、オーディションでやっと得た役ですから、逃したくない。命をかけ、必死でした。

 実際バイクがスリップし数十メートル吹き飛ばされてしまって生死をさまよったこともありました。1年間の戦線離脱の間は、ぼくがショッカー退治のためヨーロッパに行った設定となり、仮面ライダー2号・佐々木剛くん(70才)が登場してくれた。その時、バイクに乗れない佐々木くんによって変身ポーズが生まれ、ぼくが復帰した時は、1号と2号がダブルライダーとして揃って、最高視聴率をマークしたわけで。全部“災い転じて福となす”なんです(笑い)。

 ノースタントを貫いたのはぼく自身、幼少期に鞍馬天狗を見て感動した原体験があったから。子供の番組だからといってばかにしちゃいけません。

 子供こそが未来をつくる“宝”。子供は純粋ですから、その時の感動を一生持って生きていきます。だからそのカギを握るヒーローも一生かけて背負っていくべきだと思います。

 ぼくの時代と今の時代は違うから押しつけるつもりはない。でも、私は今も己磨きの旅の途中。まだまだ未熟者なので、これからがぼくの俳優としての真価が問われるなと思っています。

撮影/関谷知幸

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン