国内

シロアリ探知犬、建物傷つけないため文化財の調査も担当

シロアリシーズン到来で大忙しの探知犬リーダー「キラ」

「くんくんズ2代目リーダーのキラです! 株式会社アサンテの探知犬チームであるくんくんズは6頭います。シロアリ担当は、僕とノコ、ビートで、あとの3頭はトコジラミを担当しています」

 棲み着かれたら最後、家をボロボロにしてしまうシロアリ。以前はヤマトシロアリとイエシロアリの2種類が被害を与えていたが、最近はアメリカカンザイシロアリという強敵が増えているという。

「こいつの何がやっかいって、乾燥した木材にも生息するし、家中どこにでも入り込むから発見が難しい。でも! 僕らなら臭いで探し当てることができるんです!!」

 犬によるシロアリ調査のメリットはたくさんあるが、なんといっても建物を傷つけることなくチェックできるというのが、大きい。

「貴重な文化財の調査をまかされることもあるんですよ」

 被害が疑われる場所に行くと、ハンドラーに連れられたキラたちは家中を嗅ぎまわり、シロアリの臭いを見つけると頭を上下に振って合図。

「いつでも現場で役に立てるよう、日々の訓練は怠りません」

 訓練で使うのは“ぐるぐるはっケン!”。ぐるぐる回る6つの容器のうち、ひとつだけにシロアリが入っていて、これを当てるというもの。

「もちろん、いつも百発百中だよ!」

【プロフィール】
名前:キラ ♂
年齢:8歳
種類:犬(ビーグル)
勤務先:株式会社アサンテ
職種:シロアリ探知犬
主な仕事内容:自慢の嗅覚で家屋にひそんでいるシロアリを探し出す。
お給料:ドライフード
好きなこと:お散歩。人と触れ合うこと。
嫌いなこと:特になし!
現在の悩み:来年の夏には10歳。いつまで働けるかなぁ…。
将来の夢:ずっと人に囲まれて生活していたいな。

撮影■山口規子

※女性セブン2017年6月1日号

関連キーワード

トピックス