ビジネス

フジテレビ 村田諒太世界戦で果たした「亀田超え」

村田諒太の世界戦で密かに決意していたこと

 先日の決算説明会で「業績不振は明らかで、視聴率のアップと営業収益の改善が喫緊の課題」とフジ・メディア・ホールディングスの日枝久会長が話したとおり、低迷から抜け出せずにいるフジテレビ。ドラマもバラエティも低視聴率にあえぐなか、5月20日(土)の『村田諒太 世界初挑戦~ボクシングフェス2017 SUPER 2DAYS』は平均視聴率17.8%を記録した。フジテレビにとって、久しぶりの明るい話題だ。

 ロンドン五輪金メダリスト・村田諒太とWBAミドル級暫定王者・ヌジカムの世界タイトルマッチ中継は、瞬間最高視聴率で23.2%という高い数字を叩き出した。この結果に大喜びしているのはもちろん、フジテレビ関係者だ。

「久しぶりに日曜夕方の『サザエさん』より高視聴率の番組を出せました。会社が苦しい時期にも関わらず、村田諒太を、ボクシングを信じて中継を続けてきて、本当によかった。この先、村田の試合中継がフジテレビでできるかどうかはわからないですが、この高視聴率は素晴らしい試合を中継できたことの証明だと思います」

 プロデビュー後の村田には、日本人2人目のボクシング五輪金メダリストがプロでも世界チャンピオンになるための強力なバックアップ体制がとられていた。電通、フジテレビ、帝拳プロモーションに、パッキャオなど世界的ボクサーのマッチメイクを担当する米国のトップランク社など、世界でも一流のスタッフが集まりプロジェクトをすすめ、その集大成が20日のWBA世界ミドル級王座決定戦だった。このプロジェクトはいったん終わるため、今後も引き続きフジテレビが村田の試合中継を続けるかどうかは未定だ。

「世界タイトルをとれなかったことは残念ですが、欧州でも放送された試合は高評価で、村田の世界タイトルマッチがまた組まれるのは間違いないでしょう。もうテレビで世界タイトルマッチ中継しても、そんなに見てもらえないかもしれないという不安もあったのですが、真剣勝負の面白さは不滅で、多くの人が関心をもって見てくれることがわかりました。会社もきっと、中継を続けようとゴーサインを出すはずです」(前出・フジテレビ関係者)

 ボクシング関係者がこの中継を前に、口には出さないがかなり意識していた番組があった。無料インターネットTV「Abema TV」が1周年記念企画として5月7日(日)に放送した『亀田興毅に勝ったら1000万円』だ。視聴者数が1420万人にもおよびサーバーが落ちて中継が見づらくなるほどで、後日、亀田みずから「視聴率40%級」というほどの反響を呼んでいた。

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB