国際情報

イヴァンカ氏の中国靴工場 人権団体が環境劣悪と告発

米中関係にも影響?(イヴァンカ氏のツイッターより)

 ドナルド・トランプ米大統領の娘、イヴァンカ・トランプさんのブランドの靴を製造している中国江西省の工場を巡り騒動が発生している。同工場の労働条件違反の実態調査を行っていた人権活動家の中国人男性が「過重労働を強いていた」などと指摘し、当局に拘束されていることが分かったのだ。この男性の妻が英BBCに訴えたことで明るみに出た。

 米政府はこれまで、中国の工場における労働条件が劣悪として、「人権軽視」として批判していた。だが、よりによって、大統領の娘のブランド靴を製造していた工場の労働条件が人権軽視となれば、FBI長官解任問題などを抱えるトランプ大統領への風当たりはますます激しくなることが予想される。

 この工場は世界最大の靴メーカーの一つとして知られている中国企業・華堅集団が運営。同集団は1996年、広東省東莞市で創設され、1カ月に200万足を製造し、主に米国へ輸出しており、2010年にはイヴァンカさんの独自ブランド「イヴァンカ・トランプ」の製品も手掛けており、年間6万足を製造しているという。

 米ニューヨークに拠点を置く人権団体「中国労働ウオッチ」が同集団の工場を調査したこところ、工場の労働者は最低賃金以下で働かされており、時間外労働も強制されていることが判明した。

 さらに同団体の人権活動家が詳しい実態を調査するため、工場に盗聴装置を仕掛けたところ、これが法律違反に当たるとして、5月下旬、当局に身柄を拘束されたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン