• TOP
  • 芸能
  • 『笑点』の格安ギャラ事情 昇太は司会昇進でも据え置き?

芸能

2017.06.18 16:00  週刊ポスト

『笑点』の格安ギャラ事情 昇太は司会昇進でも据え置き?

◆司会でもギャラは“据え置き”

 僧侶までが残業代の未払いを求めて労働組合に駆け込む時代である。とはいえ笑点メンバーたちが待遇改善を求めて立ち上がるとは……。『笑点』のギャラの実情はどうなっているのか。

「『笑点』は高視聴率番組ながらも民放きっての“低コスト番組”として知られています。バラエティ番組の大物司会者なら1回200万~300万円。ですが、『笑点』メンバーは木久扇師匠や円楽師匠ら大御所メンバーでも40万前後だそうです。座布団運びの山田隆夫さんは10万円前後と聞いている。長い間変わっていません」(日テレ関係者)

 落語会を開けば、「満員札止め」の大御所たちが驚くほどの“低賃金”なのだ。そう聞くと「労働組合結成」話もあながち冗談とは片付けられなくなってくる。昇太は司会就任直前、本誌の取材に対して、

「(桂)歌丸師匠が抜けた分、メンバー全員のベアをお願いしたいぐらいです! 日テレさん、お願いします」

 と語っていたほどだ。あれから約1年が経過したが、木久扇の証言通り「ベア」は行なわれていないのか。「カネ」のことは、本人に聞くのが一番と、再び昇太を直撃した。

関連記事

トピックス