• TOP
  • 国内
  • 東京新聞・望月衣塑子記者 部外者だからできた執拗な追及

国内

2017.06.19 07:00  週刊ポスト

東京新聞・望月衣塑子記者 部外者だからできた執拗な追及

 社会部記者の望月氏は、毎日2回ある官房長官会見にこれまで出たことはなかった。執拗な追及は、“部外者”だから可能だった。

「官房長官会見では番記者に暗黙の取材ルールがあると聞いています。政府の公式見解を求める場合には事前に内容を通告したり、質問も1人2~3問程度に留めるのが通例といいます。他社からすれば困った輩が現われたと映ったかもしれません」(望月氏)

 6月8日の会見では他社の記者が2~3回しか質問しないところ、望月氏の質問は実に23回を数えた。

※週刊ポスト2017年6月30日号

関連記事

トピックス