• TOP
  • 国内
  • 安倍一強に栄養を与え続ける“戦わない野党”にNOを

国内

2017.07.14 16:00  週刊ポスト

安倍一強に栄養を与え続ける“戦わない野党”にNOを

自民党を助長させた戦犯は?(蓮舫民進党代表)

「安倍一強」の自民党政権に過信と慢心を植え付けた戦犯は他でもない。「鵺(ぬえ)」のような公明党と、「戦わない野党」の民進党である。

 公明党は東京都議選で都民ファーストと選挙協力を組んで自民党と戦ったが、選挙が終わると「自公連立にはいささかの揺るぎもない」(山口那津男・代表)と旗を巻いてヨリを戻した。候補者を全員当選させることだけが目的だったのだ。

 こんなどっちつかずの政党があると、選挙で民意が正確に反映されない。

 公明党が議席を持つ全国9つの小選挙区(※注)には「自民の候補がいないから仕方なく公明候補に投票している人が多い」(東京12区の有権者)という。それなら、違う選挙区の有権者が票を交換する落選運動の手法「ボート・スワッピング」で「公明候補落選」の取引をする落選運動が大きな効果を発揮するはずだ。

【※注/北海道10区、東京12区、神奈川6区、大阪3区・5区・6区・16区、兵庫2区・8区】

 民進党もいらない。口では臨時国会召集を要求しながら、都議選が終わると民進党都連会長代行の長妻昭氏ら衆院予算委員会理事らは、自民党理事の菅原一秀氏(前都連会長代行)らと呉越同舟で米国視察旅行(7月9~16日)に旅立った。前川喜平・前文科相事務次官の参考人招致(10日)に予算委員会の精鋭部隊はいない。

 この国の政治に自民党に対抗しうる新たな勢力が生まれるためには、民進党を一掃するのが早道なのだ。

関連記事

トピックス