国内

体形戻られた愛子さま 英語勉強の合間に気分転換で嵐を聴く

嵐ファンという愛子さま

 梅雨の合間に真夏日が紛れ込んだ7月6日、学習院女子高等科(東京・新宿区)では、1学期の期末テストが最終日を迎えた。

 教科書片手にテスト勉強に追い込みをかけながら登校する多くの生徒の中に、この4月に高等科に進学された愛子さま(15才)の姿があった。半袖セーラー服姿の愛子さまは、右肩にスクールバッグ、左腕にはフランス発祥の洋菓子店『ラデュレ』の薄いグレーのトートバッグを提げられ、他の生徒と同じように手元のプリントに視線を落とされていた。

「ゆったりとした足取りでした。一時期の“激やせ”の頃に比べると急激に体形が戻られたように感じました」(皇室記者)

 高等科は、中等科と同じ敷地内にある。加えてほとんどの生徒がエスカレーター式に内部進学する。

「それでも学習環境は大きく変わります。授業が細分化され、専門性が高くなります。愛子さまは東・西・南・北・中の5つに分けられたクラスの『中組』ですが、芸術や語学の選択科目も増え、別のクラスの生徒と交流する機会も格段に多くなりました。ファッションやメイクに興味を持つ生徒も増えて、通学の道中にスカートを短くしたり、パーマをかける生徒も増えてきます」(学習院関係者)

 6月3日には、学習院と筑波大学附属高校の間で恒例のスポーツの「附属戦」が行われ、愛子さまは野球やバスケットボール、バドミントン、剣道などの試合を同級生と一緒にご観戦。学校間の移動の際には地下鉄も利用されたという。

「ご家庭では、登校前と下校後に、赤坂御用地内で愛犬の由莉の散歩をするのが愛子さまの日課だそうです。また、英語の勉強に力を注ぎ、気分転換にファンである嵐のCDを聴くこともあるそうです」(東宮職関係者)

※女性セブン2017年7月27日号

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン