国内

花火、縁日、ベランダ…子供の命を奪うかもしれない夏の危険

夏の危険から子どもを守るには?

 1才以上の子供の死亡原因第1位は、“不慮の事故”。この状況は1960年代から変わらない、と言うのは、Safe Kids Japan理事長で、小児科医の山中龍宏さん。

「事故が起きると“注意が足りなかった”“親の責任だ”という人がいますが、どれだけ気をつけていても事故は起きるもの。だから、未然に事故を防ぐ環境を整えることが重要なのです」

 日常的な風景にも危険は潜んでいる。たとえば、夏の花火。過去にはローソクの火が浴衣の裾に燃え移り、死亡するという痛ましい事故も起きている。花火などで火を使う時は、風になびくような服は避け、体にフィットするものを着せること。そして、必ず大人が付き添い、水をそばに置くのが鉄則だ。

 夏祭りの縁日の綿菓子やりんごあめなど“割り箸に刺してある食品”も注意したい。子供はよく転ぶので、割り箸付きの食品は座って食べるように習慣づけて。また、車中で食べるのも×。急ブレーキをかけた時や、追突された場合、その衝撃で割り箸が喉に刺さる危険がある。

 ミニトマトをカットして子供に与える親は多いが、盲点となるのはベランダ菜園。子供が自分でもいで丸ごと食べたものが喉に詰まり、窒息するケースも。食品以外にもスーパーボール、ビー玉など、子供がひと口でのみ込めるサイズのものは触らせないで。

 2010年に産業技術総合研究所が子供の日常空間にカメラを入れて、転ぶ時間を割り出したところ、子供が転び始めてから、転ぶまでの平均時間は0.5秒だった。人間の視覚の反応速度は最速で0.2秒といわれているから、子供の転倒を防ぐ時間は、0.3秒しかないことになる。0.3秒では1m先にいる子供の転倒ですら、防げない。それゆえ、事故に備える意識と環境づくりが重要だ。

※女性セブン2017年8月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン