国内

花火、縁日、ベランダ…子供の命を奪うかもしれない夏の危険

夏の危険から子どもを守るには?

 1才以上の子供の死亡原因第1位は、“不慮の事故”。この状況は1960年代から変わらない、と言うのは、Safe Kids Japan理事長で、小児科医の山中龍宏さん。

「事故が起きると“注意が足りなかった”“親の責任だ”という人がいますが、どれだけ気をつけていても事故は起きるもの。だから、未然に事故を防ぐ環境を整えることが重要なのです」

 日常的な風景にも危険は潜んでいる。たとえば、夏の花火。過去にはローソクの火が浴衣の裾に燃え移り、死亡するという痛ましい事故も起きている。花火などで火を使う時は、風になびくような服は避け、体にフィットするものを着せること。そして、必ず大人が付き添い、水をそばに置くのが鉄則だ。

 夏祭りの縁日の綿菓子やりんごあめなど“割り箸に刺してある食品”も注意したい。子供はよく転ぶので、割り箸付きの食品は座って食べるように習慣づけて。また、車中で食べるのも×。急ブレーキをかけた時や、追突された場合、その衝撃で割り箸が喉に刺さる危険がある。

 ミニトマトをカットして子供に与える親は多いが、盲点となるのはベランダ菜園。子供が自分でもいで丸ごと食べたものが喉に詰まり、窒息するケースも。食品以外にもスーパーボール、ビー玉など、子供がひと口でのみ込めるサイズのものは触らせないで。

 2010年に産業技術総合研究所が子供の日常空間にカメラを入れて、転ぶ時間を割り出したところ、子供が転び始めてから、転ぶまでの平均時間は0.5秒だった。人間の視覚の反応速度は最速で0.2秒といわれているから、子供の転倒を防ぐ時間は、0.3秒しかないことになる。0.3秒では1m先にいる子供の転倒ですら、防げない。それゆえ、事故に備える意識と環境づくりが重要だ。

※女性セブン2017年8月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン