国内

安倍首相を悩ます「持病悪化説」と「昭恵さんの神頼み」

ある宗教団体に身を寄せることが多いという昭恵さん

「疑念の目が向けられることはもっとも」「これまでの答弁に足らざる点があった」──。7月24日、衆院予算委員会の閉会中審査で、「加計学園問題」の集中砲火を浴びた安倍晋三首相は、いつになく低姿勢をキープした。毎日新聞の全国世論調査で内閣支持率は26%まで急低。20%台になったのは2012年12月の第二次安倍内閣発足以来初めてで、いよいよ政権は危険水域に突入した。

「野党の追及に逆ギレすることも多かった安倍首相ですが、その日は目もウツロ。最近、お抱えの医師団が東京・富ヶ谷の安倍私邸を密かに訪れることもしばしばで、都内高級ホテルの一室でも頻繁に医師と面会しているとされます。内実は明らかにされませんが、持病の潰瘍性大腸炎が悪化したのではと囁かれています」(安倍家に近い政界関係者)

 夫が迎えた最大のピンチに、妻の昭恵さん(55才)といえば、“どこ吹く風”状態。7月5日から12日まで、ベルギー、ドイツなど欧州6か国訪問には昭恵さんも同行していた。帰国後の7月14日、金沢で行った講演では、「いろいろな報道があるなかで、いいこと悪いことを取り上げていただいて、私も有名人になった」と相変わらずの軽口で会場の笑いを誘った。

「でも、帰国後は自宅をほとんど空けています。スピリチュアルな感性が合う仲間のところを転々としていたり、気楽な地元に帰ったり。まるで雲隠れのようで、嫁の不在を見かねた姑・洋子さんが私邸で、『またいないのね…』とこぼすこともしょっちゅう。昭恵さんはつい最近までは“離婚はしない!”と言い切ってましたが、支持率低下を見て、この状況では夫を置いて逃げ出したといわれても仕方ないですね」(前出・政界関係者)

 この期に及んでも、昭恵さんの“神頼み”はエスカレート。政権支持率が落ち始めた6月23日、岐阜で行った講演では、「何か大きな力が働いて、主人は天命をいただいている」と神妙な顔で語っていた。首相官邸筋がため息とともにつぶやく。

「現在、昭恵さんは千葉県内にある“波動系”の宗教団体の関連施設に身を寄せることが多いという情報です。一般の信者が泊まる場所ではなく、団体内でもVIPが泊まるスペースに滞在しているそうですよ。総理も把握されているのかどうか…」

 昭恵さんは以前から、「水に良い言葉をかけると綺麗な結晶ができ、汚い言葉をかけると歪な結晶になる」との「波動理論」を唱えた故・江本勝氏を信奉している。東日本大震災の際には「愛と感謝の祈りを福島原発の水に送ってください」という江本氏のメッセージをブログで代読した。「大麻解禁論」も江本氏の影響によるものだと彼女自身が認めている。夫の大ピンチで昭恵さんは神に何を祈っているのか──。

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
国葬当日も行われた反対デモ(時事通信フォト)
フィフィ、“国葬反対”デモ隊に違和感を表明「セレモニーで静かに送り出すのは全世界共通の道徳」
NEWSポストセブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン