芸能

南原清隆 結婚24年目の美人妻とラブラブお泊りデート

結婚24年目でも妻とラブラブの南原清隆

 南原清隆(52才)と、結婚24年目の美人妻との仲睦まじいデート現場をキャッチした。

 8月下旬にもかかわらず、その夜の気温は25℃以下。今年は稀にみる多雨冷夏といわれている。そんなひんやりとした夜に、熱気をまとうカップルが1組。深夜0時、都内中心部の繁華街を歩いていたのはウッチャンナンチャンの南原清隆だ。白いTシャツにネイビーのパンツ、黒のスリッポンというラフな装いで、少し後ろを歩く女性に笑顔で声をかける。

 身長は170cm弱、セミロングの黒髪をなびかせるスラリとした美女は、細い裏通りに入ると南原の隣にぴたりと寄り添った──。

 南原は1993年、スタイリストの女性Aさんと結婚し、12才の息子をもつ。2011年にお昼の人気情報バラエティー番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のメーンMCに就任してから、身辺には注意を払っているという。

「主婦層向けの番組なので、昨今、世の中を賑わせがちな女性問題は命取り。そもそも浮いた話は最近ほとんど報じられたことがなく、人一倍、責任感が強くて番組思いの南原さんに限って、女性と逢瀬なんてありえないんじゃないですか」(番組関係者)

 冒頭の夜の場面に戻る。南原と女性が入って行ったのは都心の高級ホテルのバー。薄暗い照明で、心地よいジャズが流れる。外資系ホテルだけあって外国人客で賑わう中、ふたりは隣同士に座り、息がかかりそうなほどの近い距離で談笑する。

 閉店時間に店を後にすると、ホテルのロビーを歩く。ルームキーを手にしたふたりは、そのまま上の階へ。南原は『ヒルナンデス!』の放送2時間前、翌日朝10時まで、一歩もホテルから出ることはなかった。

「その女性は南原さんの奥さんのAさんですよ。時々、お子さん抜きでわざわざホテルをとって夫婦水入らずの時間を過ごしているようなんです。結婚して24年も経つのに羨ましい話ですよ」(南原の知人)

 自宅周辺では、家族の仲むつまじい様子が頻繁に目撃されている。

「奥さんは毎朝必ずお子さんと南原さんを玄関まで見送り、“いってらっしゃーい!”と声をかけています。南原さんも週末は家族で出掛けるために車を出したり、近所のスーパーでカートをひいて野菜を吟味したり。奥さんの買い物袋を“重いだろ”って持ってあげるのを見た時は、“なんて理想的な夫婦なんだろう”って」(近隣住民)

 夫婦のかすがいはやはり息子の存在だった。

「ふたりは子宝に恵まれるまで結婚から12年もかかりました。その間に南原さんの女性問題報道や家に空き巣が入るなどトラブル続きだったのを、Aさんはじっと耐えて支えてくれていた。その感謝の気持ちから、南原さんは今でもAさんを労うためにこうした“息抜きデート”をプレゼントしているんじゃないですか」(前出・知人)

※女性セブン2017年9月14日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン