グラビア

3児の母・インリン「子供が成長したらグラビアを見せたい」

『Woo Rin Yan』(2004年、小学館刊。撮影/野村誠一)より

「着エロ」という新語が誕生したのは、2002年頃とされる。携帯電話から鳴る「着メロ」をもじり、「着衣のエロチシズム」を表わす言葉として生まれ、やがて大ブームを巻き起こした。過激な衣装で話題を集め、「エロテロリスト」と呼ばれたインリン(インリン・オブ・ジョイトイ)が、当時を振り返る。

 * * *
「着エロ」ブームを引っ張った実感は確かにあります。私の写真が話題になると、極小生地の衣装でギリギリまで大胆に露出する子がどんどん増えましたから。でも撮影は過酷。廃墟での撮影では蚊やブヨ、アカアリに刺されることもあってキンカンが必需品だったんですよ。写真集はすごく売れたので、現場はいつも熱気に包まれていました。

 縄や革紐で縛ってバストトップや下半身を隠したこともありますが、正直ニガテでした。うっ血したり、体のあちこちが痒くなったりするので、イライラしてましたね。だから、縛られている写真は自然と挑発的な表情になっているのかも(笑い)。

 逆に、好きだったのは強い私を演出できる衣装。黒い革のボンデージはその代表格です。着るとテンションが上がって、「やっぱり私ってSっ気があるんだな」って当時から感じてました。

 インリンといえば「M字開脚」と思われるかもしれませんが、実はそれより気に入っていたのはTバックでヒップを強調した、振り返りのポーズです。みんなに「お尻のラインが綺麗」っていわれて、嬉しかったなぁ。

 着エロは、私が時代の最先端にいたことの証ですから、子供が成長したらグラビアを見せたい。「ママ、綺麗だね」って言ってもらえたら嬉しいですね。

【プロフィール】インリン/1976年、台湾生まれ。10歳から日本で生活、インリン・オブ・ジョイトイの芸名でグラビア、テレビ等で活躍。2008年、一般男性と結婚。2016年から「インリン」としてソロ活動を開始。現在は台湾在住、3児の母

※週刊ポスト2017年9月29日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン