国内

人気絵本作家「ママが主人公になれる絵本があってもいい」

人気絵本作家ののぶみ氏がママを描く理由

 ここ最近、大人が夢中になる絵本が売れている。なぜ、子供だけではなく、大人まで魅了するのか…。

 1年で1万部売れたらヒットといわれる絵本業界で、『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)は、初版4000部からたった1年で約40万部を突破。その理由は、“母の死”という衝撃的な内容で、子供たち以上に、読み手である“ママ”の心を強くつかんだことにあった。作者の「のぶみ」さんはこう話す。

「それまでは、自分が認められたいと思って描いていた時代がありました。でも、7年くらい全然売れなかった(笑い)。小さい頃のぼくは足も遅いし、勉強も嫌い。いじめられっこで集団行動も苦手。子供の頃大好きだった絵本は『おばけのバーバパパ』(偕成社)です。バーバパパはぼくと同じひとりぼっちで、背表紙がなくなるまで読みました。

 母は忙しくて、絵本をあまり読んでくれなかった。だからこそ、母子が一緒に楽しめる、忙しいママにも喜んでもらえる絵本を作りたいと思ったんです」

 のぶみさんは絵本を作る際、下絵の段階で、たくさんの子供や大人の前で感情いっぱいに気持ちを込めて読み、生の反応を確かめる。それを参考に、大人も子供も楽しめるよう、何度も何度も描き直し、緻密に推敲を重ねる。

「かこさとしさんから、“『どろぼうがっこう』(偕成社)を制作中に子供たちの前で読んだら、とっても大喜びだった”という話を聞きました。読んだ相手が喜ぶことがぼくにとっても大事なこと。絵本はほんの5分くらいで読み終わります。時短で読める本でありながら、その中には笑いあり涙あり、人生の大切なことがいっぱい詰まっている。だから、忙しいママこそ、子供と一緒に笑って、泣いて、喜んで読んでほしい。1冊くらいママが主人公になれる絵本があってもいいと思うんです」

 母と子の関係を絵本に描くのぶみさん。『このママにきーめた!』(サンマーク出版)は雲の上の赤ちゃんが、自分でママを選んで生まれてくる物語。

「胎内記憶を持つ子供約100人に話を聞き、ママがうれしい要素も詰め込みました」

 そして、『ママがおばけになっちゃった!』のシリーズ第3弾は、『ママがおばけになっちゃった! ぼく、ママとけっこんする!』(講談社)。

「3才で別れた息子が立派に大人になり、ついに迎えた結婚式の日。子育てを頑張っているママにこそ読んでもらいたい」

※女性セブン2017年11月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン